究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する

世界初の安価な走行中給電技術

また、豊橋技術科学大学では大成建設と共同で日本独自の『電界結合方式』を開発。道路に埋設した電極板からタイヤ内のスチールベルトを介して数MHzの高周波電流をLC回路経由でモーターへ供給し、送受電用コイルを不要にする画期的な技術を実現している。

 

EVPHVの利便性が大幅に向上する

高速道路に走行中給電システムが設置されれば、有料道路としての利用価値が高まると共に、航続距離を伸ばすための無駄なバッテリー増を回避できるため、EVの軽量化が可能となり、電費が向上する。

一般路に降りれば高速道路走行中に充電した電力で走行することになり、ガソリン車にヒケをとらない“遠出”が可能になるというワケだ。効率重視で小さめのバッテリーを積んでいるPHVでも効果は絶大で、高速道路走行中は、すべてEVモードで走ることができる。

資源の少ない日本ではエネルギーの多様化が重要であり、水素エネルギーを利用するFCVとあわせてEV・PHV普及への活路を見出しておくことが望まれる。

 

【関連記事】

※ 富士通が高齢者の「異常」を早期発見するシステムを開発

※ 街とクルマと未来がつながる「北九州市スマートコミュニティ創造事業」

※ PHV・EV時代の到来か?「排出ガスゼロ」を担う次世代エコカーとは

※ 「究極のエコカー」開発の裏側とは?トヨタFCV開発者インタビューvol.1

※ 子供向けスマート腕時計「プレイウォッチ」が本格的で楽しそうだ

【参考・画像】

電気自動車への道路からの非接触給電 – メンテナンス情報基盤研究室

ワイヤレス電力伝送システム検討会 – 総務省

YRP ブロードバンド ワイヤレスフォーラム – 総務省

YRPワイヤレス電力伝送への取り組み – 総務省

研究業績 – 豊橋技術科学大学 波動工学研究室

電化道路 タイヤによるエネルギー伝送

※ 自動車タイヤを介するゼロギャップ走行中給電 – 一般社団法人 電子情報通信学会

出展者詳細情報 – CEATEC JAPAN

電気利用車両向け非接触充電システム – トヨタ自動車

非接触充電システム+アドバンスドパーキングシステム – 日産自動車の取組み

1ページ目から読む