1mm以下の癌細胞を見つけ出す「蛍光色に発光させる」スプレー

より検出精度を高めた試薬の開発

前述したように、癌の手術はいかに微小癌の取り残しを防ぐかということが重要だった。

しかし、微小な転移を正常組織と識別することは困難であったため、手術中に癌細胞の微小転移を可視化する技術が必要とされてきた。そこで浦野教授等は2011年に、スプレーするだけで転移部分を蛍光色で発光させる試薬を開発したが、まだ検出できる癌のタイプが限られていた。

そのため、さらに多くのタイプの癌を検出できる試薬の開発が進められてきたのだ。

試薬で発光させる

そこで今回は、癌細胞中で糖鎖分解酵素活性が高くなっている性質を利用した試薬を開発した。

この糖鎖を分解する酵素『β-ガラクトシダーゼ』に反応する試薬の開発により、卵巣がんや乳がん、大腸がんなどでの転移発見が容易になるという。

1ページ目から読む