1mm以下の癌細胞を見つけ出す「蛍光色に発光させる」スプレー

臨床試験への準備が進められている

検証実験はマウスで行われた。その結果、1mm以下の微小な癌の転移も高い精度で検出することができ、蛍光色で発光した転移先を肉眼で確認しての癌切除にも成功した。

試薬で転移部が発光している

しかもこの技術は安価な装置で実現できるため、癌検出の手法として普及させやすいとされている。

PET検査(陽電子放出断層撮影)など、半減期の短い放射能を持つ薬剤を体内に注射し、放出される放射線を特殊なカメラで とらえて画像化する手法もあるが、より小さな癌細胞を見つけ出すことができる新型スプレーによる転移部位の識別方法が普及すれば、癌の取り残しを防ぐことができる可能性が高まり、手術の成果は大幅に改善されることが期待できる。

研究チームは現在、人の組織検体での検証を進めており、安全性試験を重ねることで臨床試験への準備を進めている。このスプレーは、癌患者への朗報となりそうだ。

 

【関連記事】

※ 染色体のテロメアを伸ばす手法で「若返り」が本当にできてしまいそうだ

※ 睡眠中に地図を再構築?脳内で「ナビ機能」がリプレイしていることが判明

※ 次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

※ 1インチの立方体に8つの機能!スマホライフを助ける「WonderCube」

※ メリットしかない?「ミドリムシ飛行機」が注目される理由

【参考・画像】

※ 共同発表:がん細胞を光らせて検出する新たなスプレー蛍光試薬を開発 – 独立行政法人 科学技術振興機構

※ がん研究10ヵ年計画 – 厚生労働省

1ページ目から読む