消えゆく看板…アウディ新型FCV「h-tron」のPVが幻想的

暗闇に浮かぶ“Audi h-tron”の文字が消える意味は?

さて、そんな『A7 スポーツバックh-tronクワトロ』のプロモーションビデオ。タイトルは「Audi : Disappering Billboad(アウディ:消えゆく看板)」で、57秒のショートビデオだ。

ビデオ前半は、クルマの構造イラストなどを見せてFCVであることを強調。中盤は、映像クルーらしき集団が、街中でプロジェクターのようなものを用意し、『A7 スポーツバックh-tronクワトロ』へカーボン製水素タンクを装填するシーンも一瞬入る。さぁ、準備は整った。そこから一気に、舞台は夜の大都会へ。

白いスモークと共に現れるのは、プロジェクターから投影されたブルーの光が形作るスポーツクーペ。周囲のギャラリーは皆、スマートフォンでそれを撮影する。ブルーの光は、クルマの形を様々に変え、やがていつしかそれはいくつかの文字(ドイツ語)に……。クライマックスは46秒あたり。ブルーの光はいつしか“Audi h-tron”という文字に変わり、やがてそれは白いスモークと共に消えていく。

h-tron4

これこそが“消えゆく看板”。ブルーの光は、『A7 スポーツバックh-tronクワトロ』を告知する看板のネオンサインを表現していたのだ。

この映像が意味するものは、まさにFCVの最大の特徴でありメリットである“クリーンさ”だ。従来のガソリン車などのように、CO2などを含んだ排気ガスは一切出さず、残していくのは“わずかな水蒸気”のみ。それを印象的に表現しているのが、このビデオだ。

“クリーン”のイメージを、ありきたりな“明るく楽しい”感じではなく、夜の大都会が舞台の“かっこいい”映像で表現するとは、なかなかいいセンスだ。さすがドイツの高級車メーカー、アウディ。このクルマの登場が、さらに待ち遠しくなった。

 

【関連記事】

※ 燃料電池自動車「MIRAI」が丸裸に!トヨタが組み立てラインを動画で初公開

※ 日本初の移動式水素ステーション「ハイドロシャトル」開設

ついに塩水で充電可能に!? カードサイズのモバイル用燃料電池「JAQ」

※ テスラが「バレーサービス」を開始!わずか20分の超高速充電を体験できる

※ 全世界で49台限定!AKIRAを彷彿とさせる電動バイク「zeCOO」

【参考・画像】

※ Fuel cell technology – Audi

※ Audi A7 Sportback h-tron quattro – Audi MediaServices

1ページ目から読む