3Dプリンターがこの値段!? 価格破壊を起こす「TIKO」登場

低価格というだけではない3Dプリンター

『TIKO』の売りは、驚くほどの低価格というだけではない。

まずシンプルなデザインがよい。いかにも、といったメカニカルな部分は見えず、まるでインテリアのような、すっきりとした外観を持っている。

しかも、この一体型ボディのシンプルさが『TIKO』の剛性としても活かされており、『Kickstarter』には筐体の上にブロックを載せ、さらに人が座っていても大丈夫であるといったことをアピールする写真も載せられている。

丈夫さ

しかし本体の重量は至って軽く、1.7kgなので簡単に持ち上げて移動できる。サイズも高さ390mm×幅237mm×奥行き221mmなので、設置場所にもそれほど困らないだろう。

しかも、移動のさせやすさは重量だけでなく、Wi-Fi接続であることも貢献している。

TIKO

3Dプリンターとしての性能も高く、オートキャリブレーション機能により、正確な造形物を出力できる。出力物の正確さには、一体型ボディーがパーツのズレを防いでいるという理由もある。また、出力する空間が密閉されているため、例えば空調や扇風機が稼働しているような室内でも、全く風の影響を受けずに出力できるのだ。

出力可能な素材は、PLA・ABS・ナイロン・HIPSなどとなっており、出力可能な最大造形サイズは138.3立法インチで、解像度は50ミクロンから250ミクロン。ブラウザベースのソフトウェアでモデリングしたデータを出力できるほか、汎用性の高いSTLファイルからも出力できる。出力はWi-Fi接続で行い、パソコンだけでなく、スマートフォンからも可能だ。

また、安全性にも配慮されており、転倒した場合は自動的に電源がオフになる設計になっている。

 

個人が気軽に3Dプリンターを持てる日がきた

『Kickstarter』の資金調達は大成功で、製品化は間違い無いだろう。出荷は2015年の11月半ばを見込んでいる。

3Dプリンターが、個人でも気軽に購入できるお手頃価格の時代へ、一気に突入したようだ。

 

【関連記事】

 真っ赤な液体から「モノが生まれる」超高速3Dプリンターがキモすごい

 無限に使える!? iPhoneと簡単同期できる魔法のノートブック

 ポケットに忍ばせておきたい!USBと充電ケーブルは1つの時代でしょ

 欲求不満な人は充電し放題!「性欲発電」が地球をクリーンにする

 究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する

【参考・画像】

※ Tiko – The Unibody 3D Printer by Tiko 3D – Kickstarter

1ページ目から読む