なにこれフリーザの宇宙船?環境にやさしい水上に浮く家「WaterNest 100」

98%再利用可能な建築物

一軒家としてはとてもユニークな曲面が特徴的な『WaterNest 100』は、直径が12メートル、高さは4メートルで、住居面積は100平方メートルとなっている。

建物を浮かせる船体部分はアルミニウム製で、木製のフレームはラミネート加工が施されている。

WaterNest-正面

川や湖、入り江などの穏やかな水面に停泊する設計は、水取りの巣にインスピレーションを得たものだといい、より自然に寄り添えるデザインなのだという。

『WaterNest 100』は環境に優しい作りを目指した建築物。資材にはリサイクル角材とリサイクルアルミニウムが利用され、この建築物は最大で98%の再生利用が可能とされている。また、電力も屋根に設置された60平方メートルのソーラーパネルで発電して供給される。

WaterNest-上から

その電力も極力効率よく使われるように、外部の空気を上手に取り入れながら、室温が自動的に調整されるようになっている。

WaterNest-夜

1ページ目から読む