日本最大級の太陽光発電所からみる「エネルギーの将来」

次世代エネルギーの未来は“エネルギーのベストミックス”

次世代エネルギーの代表のように語られる太陽光発電だが、SBエナジーはもっと先を見据えている。

我々としては、“エネルギーのベストミックスを追求する”という目標を掲げています。現在太陽光と風力を行っていますが、地熱もバイオも水素も宇宙も、可能性のある次世代エネルギーはすべて視野に入れている状態。そして、それらを組み合わせて日本に適したエネルギー供給のあり方を作り上げていきたいと考えています

と浅野氏は語った。

自然を利用したエネルギーは、国内で自給自足が可能となる。石油などは中東の政治情勢によって価格が上下するために、不安定な面が多い。それを日本国内でまかなえることができるようになれば、安定したエネルギー供給につながる。

150422Abira-07

画像:島根県浜田市に建設中の風力発電所「ウィンドファーム浜田」完成予想図(提供:SBエナジー)

 

そのためには、太陽光だけでは足りない。風力やバイオエネルギー、水素、洋上風力、波力、そして宇宙太陽光発電。あらゆる可能性を組み合わせていく必要がある。

日本最大級のメガソーラーが、最適解ではない。しかし、これから数十年の間、“エネルギーのベストミックス”のターニングポイントになることは間違いないだろう。

 

【関連記事】

※ 脱火力に向けインドが政府主導で「太陽光発電量」を30倍にすると発表

※ 太陽光エネルギーだけで世界一周!ソーラー飛行機が示す未来

※ アップルが電力事業に進出?「太陽光発電」に8.5億ドルの投資を表明

※ 充電したいなら手帳を開くだけ!「極薄」ソーラーパネルが登場

※ 太陽さえあれば…!ソーラーパネルを駆使した便利アイテム5選

【参考・画像】

SBエナジー

※ みるみるわかるEnergy(SBエナジー)

※ 画像提供 SBエナジー

1ページ目から読む