七つ道具的スマホカバーが胸アツ!? モジュールを自分で組み替えられる「nexpaq」

スロットに拡張モジュールを装着する

クラウドファンディングの『Kickstarter』で資金募集中の『nexpaq』というアイテムだ。iPhone6、Samsung Galaxy S6 Edge、Samsung Galaxy S5に使うことができる。

まずこの『nexpaq』本体にバッテリーが内蔵されている。その容量は1,000mAhなので、通常のスマートフォンの3~6割分になる。さらに背面には6つのスロットがあって、そこにモジュールをセットできる。基本的にモジュール1個で1つのスロットを使うが、なかには、モジュール1個でスロット2つ分、3つ分を使うものもある。

nexpaq02

そして背面に装着できるモジュールとしては以下12のものが用意されている。

まず、バックアップストレージ・SDカードリーダー・外付けUSBメモリーといったメモリーツールだ。そして、LEDフラッシュライト・・レーザーポインターなどの照明ツール。

スマートフォンの操作に使えるショートカットキーであるホットキー×2もある。さらには、温度&湿度計・大気汚染計測器・アルコール検知器といったものついていて、空きスロット用ダミーも用意されている。

スロットを複数使用することでアンプ内蔵スピーカー(スロット2個分)や追加バッテリー(スロット3個分)も装着できる。

nexpaq03

この中から、6個分のスロットに使えるものをチョイスしてセットすることができるわけだ。将来的にモジュールの種類が追加されることもあるだろう。

 

基本モジュール以外は選択して購入できる

各モジュールは、専用のアプリを通じてコントロールすることになる。ケースをスマートフォンに装着していない状態でも、Bluetoothによる通信でケースのモジュールをリモートコントロールできる。

iPhone用もAndroid用もモジュールは共通なので、使い回したり、家族で共有することもできる。また、将来的にスマートフォンを買い替えても、『nexpaq』のケースが対応していればモジュールは基本的に引き続き使える。

nexpaq04

いまのところ基本となるキットは、ケース本体のほかに、バッテリー(スロット3個分使用)、スピーカー、ホットキー、SDカードリーダーの4つのモジュールがついて、109ドルになるようだ。

そのほかのモジュールは単品で追加購入となり、それぞれ価格が異なる。レーザーポインターやLEDフラッシュライトなら14ドル、最も高いバックアップストレージや外付けUSBメモリー(32GB)は、29ドルになるようだ。

アイディアもさることながらデザインも魅力的だ。出資は早々に目標額に達し、先行予約のみの特別価格の基本キットも売り切れている。デベロッパーキットも用意されているので、人気が出ればサードパーティから別のものが発売される可能性もあるだろう。

新しいジャンルのスマートフォンケースとして確立されるかもしれないデバイスだ。

 

【関連記事】

※ 1インチの立方体に8つの機能!スマホライフを助ける「WonderCube」

※ タッチIDよりずっと便利!「見るだけで解除」のスマホが年内に製品化

※ スマホで尿検査してみる?ヘルスケアは自宅で簡単&スピーディに

※ 自撮りに最適かも!どこにでもペタッと貼り付いて遠隔操作できるプチカメラ

※ ドローンもついにペット感覚?スマホという頭脳を手に入れた「LAB」

【参考・画像】

※ nexpaq: the first truly modular smartphone case – Kickustarter

1ページ目から読む