これが新たな移動手段だ!スケボーをアシストする「ePaddle」

棒の先で車輪が回る

『ePaddle』と名づけられたこの装置は、棒の先にモーターで駆動する車輪がついている。手元のスイッチを押すと車輪が回転するので、それをスケートボーダーが地面に押しつければ、足で漕ぐことなく加速できるというわけだ。

ePaddle03

10秒もあれば使いかたには慣れ、時速25マイル(約時速40キロ)のスピードをだすことも可能だという。もちろん坂を登るのが楽になるが、平地でもダウンヒルのような楽しみかたができるようになる。なおブレーキシステムは現在開発中とのことだ。

強度と剛性と駆動力が求められるだろうが、機構的にはごくシンプルで、特に難しいものではないだろう。いままでなかったのが不思議なくらいのシンプルなアイテムだ。

 

台車に乗って電動で動かせる?

しかし、この『ePaddle』、スケートボード以外にも使えるのではないだろうか? ローラースケート、キックボードはもちろん、荷物用の台車だって電動で動かせるし、子供用のおもちゃのクルマだって足で漕ぐ必要がなくなる。

とりあえず思いつくのは実用ではない用途ばかりだが、遊びの面ではいろいろな楽しみかたができそうだ。これを使ってレースもできるかもしれない。キック系アクティビティの楽しみかたを広げるデバイスになりそうだ。

 

【関連記事】

※ 乗ってみたすぎるハイスペック電動スケボー!しかもスマホの充電までできるとか

※ スケボーですらない「車輪型乗り物」は日本でも流行るか?

※ モーター搭載のスケートボードでリアル「コナン」になれるかも?

※ 次世代サイクルの新提案!足こぎセグウェイ「Halfbike II」

これはクセになりそう!セグウェイより機動性が良さそうな「電動一輪車」

【参考・画像】

※ ePaddle – HYVE

1ページ目から読む