「95%の確率で人間に勝つ」驚異のコピーライティングシステムが登場

膨大なデータベースにより感情に訴える記事を自動的に作成

『Persado』は、コピーライターやウェブライターが担ってきたキャッチコピーやウェブライティングを自動化するプラットフォームだ。

Persadoサイト

『Persado』は効果的なキャッチコピーやウェブサイトの記事、あるいはメールマガジンで使える記事を自動的に作成することができる。

これはまずい。何しろ50万もの文章を8年掛けてデータベース化し、2年掛けてプログラム開発されたという。感情の変化なども分析されているという。

しかもその実力は、コピーライターが書いたフレーズと比較テストをしたところ、驚くべきことに、95%の確率で自動生成されたフレーズの方が効果が高いという。その実力により、既にAmerican Express、Verizon、Best Buy、Citi、Vodafoneなどの大手が『Persado』のサービスの提供を受けている。

すでに多くのライターが仕事を失ったということか?プログラムは、大量のフレーズに対して受け手がどのような評価をするか、そしてそれぞれにどのような感情を持つかについて、細分化しつつ、どのような言葉が消費者に受け入れられるのかということを、頻繁にアップデートしているという。

 

日々進化している記事作成プログラム

『Persado』は常にアップデートしており、例えばある広告キャンペーンでは、どのような感情に訴えるべきなのか、といったことまで判断できるようになりつつあるという。

また、雑誌の記事などにも応用されていく予定もあるらしい。何とも恐ろしいサービスがはじまったものだと思う。

ちなみに、FUTURUSの記事はまだ、全てを人が書いている……んですよね?

 

【関連記事】

※ 次世代タイプライターは「ロボット」?自動代筆で招待状作成がはかどるかも

※ ついにSF映画で見た様なアレが実現するのか?プラズマシールドの特許が取得される

※ 謎の電波をキャッチ!? 天文学者達を悩ませたモノの正体はアレだった…

※ 英研究でとっさに左右がわからなくなる現象理由が解明?

※ 「3Dバイオプリンター」でついにアレをつくる?12年後にはWiFI搭載の人工眼球が移植できるようになるかもしれない

【参考・画像】

※ Persado Persuasion Automation: End the Guesswork of Copywriting

※ Computers can now get you to buy more stuff by tapping into your emotions – Quartz

※ AP通信がニュース記事にロボット記者採用でライターは戦々恐々?

1ページ目から読む