自宅が恐怖の館に!開発中のスマホアプリ「Night Terrors」がマジで怖そう

自分の部屋からリアルなお化けが出現!

開発中ではあるが、プロモーション動画を見る限り、“リアル”という面では、かなり期待ができそうだ。

NIGHT TERRORS_00

ゲーム内容は比較的簡単で、日没後の真っ暗な家の中で、LEDライトを点灯させたスマホのカメラをのぞきながらウロウロするだけ。ストーリーは2つあり、1つは『自宅のどこかに隠れている少女を助け出す』、もう1は『生き残る』。

電気を消した廊下や部屋をスマホのライトがうっすらと照らし、ヘッドホンやイヤホンを付けるとおどろおどろしい効果音も。壁の額縁が落ちたりライトが点滅……ふと振り返ると、部屋の奥からいきなり『お化け』が襲いかかる!

う〜ん、普段生活している自宅の映像が使われるだけに、マジで怖そう。日常が非日常に急変……ほら後ろっ!

 

AR技術を使ったアプリ

ゲームの映像をすごくリアルにしているのは、AR技術を使っているためだ。ご存じの方も多いと思うが、ARとは拡張現実と呼ばれるもの。スマホやタブレットのカメラ、各種センサーを駆使して、現実の情報(映像や画像)にコンピュータ上の情報を重ねあわせて表示する技術だ。

ARアプリは、スマホがではじめた頃はかなり流行ったが、すぐ飽きるユーザーが多かったためか、最近はあまり聞かなくなった。だが、リアルな映像や画像が使えるという意味でARはもってこいの技術。このゲームはその利点を最大限に利用しているといえよう。

ちなみに、お化けやどこかに隠れている少女は、よくあるCGではなく、実際に俳優さんを起用。その点もリアルな映像になる理由のひとつだ。

対応OSは、まずはiOS5以降でiPhone6ももちろんOK。将来的には、 Android 版やWindows Phone 版も制作予定だ。

NIGHT TERRORS_04b

1ページ目から読む