バーチャルの世界に入り込める!? 高解像度「3Dスキャンシステム」

スキャンデータを持つことが普及したらどんなことが起こるのか

もし自分のスキャンデータを持つことが普及したとしたら、様々な業界で大きな変化が起こるということが考えられる。例えばゲームや映画では、キャラクターではなく自分自身が主人公となって作品内に登場できるというものが増えていくかもしれない。他にも、スキャンの精度が上昇していけば、指紋認証に変わる“新しい個人の認証手段”として広まっていくということもあり得るだろう。

この『xxArray』は、自分のフィギュアやスキャンデータが購入できる『Kickstarter』のプロジェクトのほかに、タトゥーのシュミレーションアプリや、スキャンデータを使ったゲームの開発などにも使用されているようだ。

開発者は『xxArray』の普及を目指して徐々に活動の幅を広げつつあるようなので、今後の動向に注目したい。

 

【関連記事】

※ 紙に書いていることをすぐに保存できる不思議なペン

※ Kickstarterでも話題のスマートペンは本当に「スマート」か?

※ 世界最小レベルの「WALLET DRONE」が登場!プロポ収納でポケットに入る

※ 柔らかいものを3Dプリンターで作りたい!フェルトで立体をつくる試み

※ 温もりを感じられるIoT!スマホで「手書き」の手紙がおくれるデバイス

【参考・画像】

※ xxArray – Kickstarter 

1ページ目から読む