ロシア製2画面スマホ「YotaPhone2」が北米でも大好評

背面は独自OSで動作する

『YotaPhone2』は、ブラックとホワイトの2色。主なスペックは、まず表面が5インチフルHDディスプレーで、OSにはAndroid 4.4Kitkatを搭載。CPUは2.2GHzクアッドコアで、RAM2GB、ROM32GB。8メガピクセルカメラも搭載。どちらかといえばハイスペックの部類に入るモデルだ。

いっぽう、注目の背面のディスプレーは4.7インチの『E-ink』、つまり電子書籍などが読みやすい電子ペーパータイプを採用している。画面には、電話やメッセージなどのアプリアイコンや電池残量などシステム関連の情報などが表示できる。もちろんタッチパネル式なので、アイコンの操作は指でタップするだけでOKだ。

背面側は、独自OSで動いているため、残念ながら日本語の対応はない。当然、電子書籍などは英語やロシア語などでしか読めない。が、背面側のOSも、Android動作に切り替えることが可能。kindleアプリなどを使えば、日本語の電子書籍も読むことができる。

 

2,000万円以上を集める好評ぶり

そんな『YotaPhone2』は、アメリカでもかなり注目の的のようだ。前述の『Indigogo』で行ったキャンペーンでは、目標額50,000ドル(約6,080,000円)を達成している。

ちなみに、キャンペーンでは、100台限定の500ドル(約60,800円)はすでに完売、北米での定価は600ドル(約73,000円)以上になるそうだから、キャンペーン価格は格安だ。

『YotaPhone2』は、日本でも、平行輸入業者やAmazon(80,000円台)などから購入できる。

yotaphone2_03

SIMフリー機種なので、電話などの機能も使用可能だ。が、修理などのサポートを考えると……アメリカの好評に続き、日本でも正式リリース! しないかな。

 

【関連記事】

※ フィルムカメラの魅力とスマホカメラの利便性を掛けあわせるとこうなる!?

※ スマホで「水田」を管理できる!? 最新の稲作営農プロジェクト

※ iPhoneがコンデジを超える?「本気カメラ」になってしまうケース

※ 自宅が恐怖の館に!開発中のスマホアプリ「Night Terrors」がマジで怖そう

※ 復活率90%?水没からスマホを蘇らせる話題の液体が日本発売

【参考・画像】

※ YotaPhone 2 – World’s First Dual-Screen Smartphone(Indigogo

1ページ目から読む