もうすぐ中国で完成!? 「全長400mの透明な橋」

シースルーの橋

その高さ地上約300メートル。ちょうど東京タワーほどの高さなのだが、底面が“ガラス”で出来たシースルーの橋なのだ。この橋は長さが約430メートル・幅6メートルあり、ガラスの橋の中では全長・谷底からの高さともに世界一の規模である。

skywalk4

この橋を設計したのはイスラエルの建築家Haim Dotan氏。この橋は最大800人乗ることができるように設計されているとのことだ。

skywalk3

もちろん耐荷重以上の人が乗らなければ問題ないだろうが、用意されたCGを見るだけでも中々恐ろしいものに仕上がっている。

skywalk2

現在この橋を使った様々なイベントを計画されており、わかりやすいものだとバンジージャンプなどが体験出来る。

 

ファッションショーでのランウェイも

恐ろしいのはこの橋をランウェイにしてファッションショーも計画されていることだ。歩くモデルも恐ろしいだろうが、見に来る側も集中できないのではないかと心配してしまう。

 

【関連記事】

※ 世界初!藻類を利用した「バイオデジタル」キャノピーがエコ建築の新時代を築く 

※ Guy Hollaway Architectsは世界初の「複層階式スケートパーク」を提案

※ エコ&コスト1億円削減の「オンサイト発電」でJ- オイルミルズの食用油はどうなる?

※ ノー・シャドウ・タワー?反射光を利用し「影を消してしまう」高層ビル

※ 次世代の「空に浮かぶ風力発電」革新が招く様々なメリットとは

【参考・画像】

Haim Dotan

China set to open Zhangjiajie skywalk made of glass – Daily Mail Online

1ページ目から読む