米国研究開発機関が発表!戦闘機に搭載できるレーザービーム兵器の誕生か

レーザー兵器の小型化が進む

レーザーシステムはこれまでにもあったが、『HELLADS』は小型化されることで、無人機や戦闘機に搭載可能になったようだ。

実験はホワイトサンズミサイル発射場(WSMR)で行われている。DARPAはこの度の『HELLADS』の実験によって、兵器として十分機能することを証明できたとしている。

今回の『HELLADS』の実験で画期的だったことは、航空機に搭載できる程小型化できたことだ。

この開発は数年かかっているという。そのために世界最高輝度のレーザーダイオードや小型のバッテリーを開発した。

開発目標としては、地上の脅威を防御し破壊することで、さらに10分の1程度にまで小型軽量化した150kWのレーザー兵器を開発することだという。

また、この夏には、DARPAと空軍研究の共同資金によって、動く標的を攻撃する実験も予定してるらしい。

 

SF映画のようにレーザービームで打ち合う時代

本当のレーザービームは、映画のように目に見える帯状の鮮やかなものではなく、瞬時にして相手にダメージを与える恐ろしい兵器かもしれない。

しかもミサイルなどと異なり、あたり一面を爆破せずとも、ピンポイントで破壊する(あるいは殺傷する)ことができるのではないだろうか。

実際に活躍するような機会はないほうがよいが、いよいよ、SF映画のように、レーザービームを打ち合って闘う時代に突入したようだ。

 

【関連記事】

※ ついにSF映画で見た様なアレが実現するのか?プラズマシールドの特許が取得される

※ 次世代の大気汚染対策はSFチック!? 透明なドーム型天井

※ ロボットと恋愛する日も近い!? SF映画からみる「A.I.(人工知能)」の進化

※ SFのワンシーン!? 次世代コンセプトカー「Chevrolet-FNR」の見た目が超絶カッコイイ

※ 双子のUFOか!? チリ・カルブコ火山噴火現場に現れた謎の物体

【参考・画像】

※ Hellads Laser Completes Development | General Atomics Aeronautical Systems News & Media

※ Lightweight High-Energy Liquid Laser (HELLADS) prepared for live fire tests – Images

※ US military bosses reveal success tests of airborne ‘death rays’ | Daily Mail Online

1ページ目から読む