こいつを乗り回してみたい!? 超豪華タンク「Ripsaw EV-2 」

 

超豪華スーパータンク Ripsaw EV2の登場

憧れたものの、手の届かない存在だったタンクをエンターテインメントとして一気に身近にしてくれるのが 『Ripsaw EV2』だ。

元々軍事用の超高速戦車として開発されていたタンクを一般用に超豪華仕様として商品化。ガルウィングドア、未来感溢れるコックピットはSF映画の世界に没入できる。12インチのサスペンションストロークをもち、600馬力ディーゼルエンジンで駆動、どんな悪路でもハイスピードで駆け抜けることが可能だ。

その性能は『Popular Science』で 発明アワードを受賞するほどで、折り紙つき。

ドリフトで有名なケン・ブロック風動画では、凍った湖面や雪山を難なく走破している。

Ripsaw EV2

操作は簡単なハンドル方式のため、誰でもマッドマックス的世紀末感を楽しむことができる。

Ripsaw EV2

日本ではその走行シーンは限られそうだが、オフロードを楽しむ愛好家にとっては注目に値する乗り物であろう。

 

【関連記事】

※ ロボットと恋愛する日も近い!? SF映画からみる「A.I.(人工知能)」の進化

※ RMITが世界初の電子メモリセルを構築

※ FCVだけじゃないクルマが進む「もうひとつの未来」とは

※ 交通機関のテロ対策に人工知能が目を光らせる未来

※ スターウォーズのあれが現実世界にやってくる

【参考・画像】

Ripsawtank

1ページ目から読む