見た目はおもちゃ!? でも能力は特殊部隊並みの小型スパイドローン「Bug Drone」

外観はホビー機と同等

『PD-100 Black Hornet』 と名付けられた小型スパイドローンはノルウェーのProx Dynamics社が開発した二重反転プロペラ、テールローターを備える小型ヘリコプター。

nanouav

各種GPS、ジャイロセンサーを装備、小型カメラはFPV機能を持ち遠隔で画面を見ながら操作可能だ。滞空時間は25分とその小型さからは想像もつかないほど長い。

また墜落などによる機体ロストを想定し、コントローラには予備機体を含む2機を収納可能となっている。操作は1スティックで前進・後退・左右回頭、上昇・下降が可能、誰でも片手で操作できる。ターゲットを発見した場合、GPS情報から場所を特定し、その後の作戦行動に役立てる。

 

ドローンというよりセンサー

戦場での偵察任務は危険を伴うが、この小型スパイドローンであれば人命を危険にさらすことなく偵察任務を遂行可能だ。実際にUS, UKの特殊部隊が採用、アフガニスタンで使用している。

小型でコンパクトなためにホビー機同様安いと思われがちだが、システムの値段は4万ドルと高価だ。しかしこれまで人命を危険にさらす偵察任務を代替できるのであれば安い“センサー”といえる。

軍事以外でも橋脚の点検などドローンの活用は進んでいる。軍事とホビー、一見無関係に思えそうな両者は両輪のように合わさっており、ますます応用が進みそうだ。

 

【関連記事】

※ 時速150km/hで航続距離100kmを目指す「高速遠距離飛行」型ドローン

※ 柔らかいものを3Dプリンターで作りたい!フェルトで立体をつくる試み

※ 放り投げると自律飛行するドローン「Lily」

※ イメージが変わる?うざかったら手でどかせる新感覚のドローン「Nano Tornado」

※ 地を這い空も飛ぶ!? 空陸両用ドローン

【参考・画像】

※ PD-100 Black Hornet – Prox Dynamics

1ページ目から読む