リモコン操作で飲み物を運んでくれる!あの「R2D2」が冷蔵庫になった

市販化を実現する意気込み

「演出とかコンセプトモデルじゃないですよ、市販します」と佐藤社長。本気なのだ。製作にいたった経緯としては「映画が好きで、家で観るときは、2時間くらい部屋に閉じこもる。で、そんなときにのどが渇いたら、飲み物を持ってきてくれる冷蔵庫が欲しいと考えた」という。

そこで、大好きな『スターウォーズ』の『R2D2』に持ってきてもらおう! ということで、作ったのが今回の新作だ。

R2-D2型冷蔵庫04

 

実物大で細部まで忠実に再現

『R2D2冷蔵庫』は、『スターウォーズ』の生みの親、ジョージ・ルーカス率いるルーカスフィルムの協力を得ている。そのため、実物大の1/1スケールで、首の動きや走行中のスタイルまで、本物そっくりに再現している。

冷蔵庫は腹部にあり、庫内は上下2段に仕切られている。350mlの缶ビールなどが6本くらい入りそうな容量だ。

移動は、内臓モーターとバッテリーで、操作はリモコンで行うという。

R2-D2型冷蔵庫03

気になる価格や発売時期は未定。12月に新作が公開される予定で、今話題再燃の『スターウォーズ』だけに、注目度はかなり高いはずだ。

かくいう筆者も、発売されたらまず家電店などに飛んでいき、実物を拝見したいと思う。

 

【関連記事】

※ 子供にプログラミングを楽しく学ばせる知育ロボット「little robot friend」

※ 真っ赤な液体から「モノが生まれる」超高速3Dプリンターがキモすごい

※ 360度カメラで家を守り、リモコンにもスピーカーにもなるお洒落な球体

※ 壁や床がゲームになる?子どもの好奇心を刺激するプロジェクター「LUMO」

※ ジャンプやシューティングも体感できる!ゲームデバイスは市場を変えるのか

【参考・画像】

※ https://www.youtube.com/watch?v=feK24jVRiio&feature=youtu.be

1ページ目から読む