子どもと共に成長する人工知能ロボット「Musio」

オープンソースで進化することも期待される

『Musio』はAndroid5.0 LolipopとAruduinoを連携させて構築されている。WiFiの電波を利用してCPUは動くように制御されている。バッテリースペックにもよるが1,800~3,000mAh。1日共に過ごしたら、充電してあげるのがよさそうだ。

価格に関しては、核となるCPUのスペックによって分かれている。

5つの会話のみが可能な『SIMPLE』であれば99ドル、1.25GHzのCPUを搭載した『SMART』であれば249ドル、2.5GHzで反応も早い『GENIUS』であれば549ドルから選べるようになっている。

機械学習の楽しさや反応のよさを楽しむのであれば『SMART』以上のスペックのものを選びたいところだ。またソフトウェアはオープンソースなので、出荷台数が増えればさらなる進化も期待できるところだろう。

スペックや言語能力などを踏まえて、かつてソニーの『AIBO』がペットと飼い主という絆を築いたように、この『Musio』も友達の一人にはなれるのではないだろうか。

『AIBO』がたどったような悲しみを繰り返さないためにも、開発者は数十年単位でアフターケアができる体制を整えてほしいものである。

 

【関連記事】

※ ロボットと恋愛する日も近い!? SF映画からみる「A.I.(人工知能)」の進化

※ 最新テクノロジーのキーワードが満載!? SFアニメ映画「攻殻機動隊 新劇場版」

※ 必見!モバイルライフを激変させるイノベーション5つ

※ クルマの「自動運転」化がもたらす功罪とは?

※ 絵が苦手な人の必需品?壁や曲線にも対応できる自動描画ロボット

【参考・画像】

Musio – Indiegogo

1ページ目から読む