オランダのデザイナーによるレトロな電動モペット

 

ファッショナブルに乗りこなす

車体色にはレッド、ブラック、グレーがあるが、オーダーすれば好みに合わせたカスタムペイントも可能。ジャケット姿で乗っても違和感がなく、乗り手の服装を選ばないカジュアルさが魅力だ。

欧州における現地価格はベースモデルが約60万円(21%タックス込み)からと結構値が張るが、車体重量が通常のモペットの半分以下で扱い易いことや、メンテナンスフリーで維持費が安く、環境にも優しいことから通勤用車両として人気を博しているようだ。

音も無く宙を滑るように疾走する走行感覚は一種独特なもので正に次世代の実用電動車といえそうだ。

 

【関連記事】

※ コスト減で環境にもよい「ナトリウムイオン電池」の電動自転車はメリットしかない?

※ 時速25km出せる!「チェーンレス」の充電式電気自転車

※ 速さと長距離移動を追求した「スーパーバッテリー」電動アシスト自転車

※ 最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」

海外で話題に!? 「電動ファットバイク」がIndiegogoで登場

【参考・画像】

MEIJS

MEIJS Motorman facebook

STOERE BINKEN DESIGN

1ページ目から読む