卓上に3D映像が浮き上がる?「Holus」で広がる可能性

 

裸眼で3Dを見られる方法が多様化される期待

『Holus』では空気中に3Dホログラムを表示するわけではなく、ピラミッド型のディスプレイに標示するといった野暮ったさが残るのだが、それでもテーブルを囲んで四方から見ることができるというのは魅力的だ。

販売される予定の『Holus』にはPro版とHome版の2つのタイプがあるが、これはサイズと開発用SDKライセンスの有無の差になる。

また、各種ゲームソフトや教育ソフトが用意され、各種コントローラーとの互換性も備わるであろう。

裸眼で3Dを鑑賞できる方法は、まだまだ多様化してくることが期待できそうだ。

 

【関連記事】

※ 人によって物語が変化?Oculusが「没入型映画」という新ジャンルに乗り出す

※ Microsoftの新デバイスは現実と仮想現実を融合させる

※ ジェスチャーだけでモノを操れてしまう魔法の指輪「Ring ZERO」

※ リアルロープレか!? 目の前がゲームのように「仮想現実化」するHMD

※ 本格AR時代の幕開けか?現実と仮想が交差する「Ovrvision Pro」

【参考・画像】

※ Holus: The Interactive Tabletop Holographic Display by hplustech – Kickstarter

1ページ目から読む