世界最小クラスの3in1チャージャー「CulCharge」

 最小クラスの3in1ガジェット

『CulCharge』の大きさは約5.5センチメートル。クレジットカードの3分の2程度の大きさだ。リングが取りつけられ、ベルトループやカバンのファスナーなどにも取り付けが可能で、“ウェアラブル”な設計となっている。CulCharge02

バッテリー容量は1,000mAh。夕方にスマホを充電したい時にはちょうどよい容量と言えよう。充電用のコネクタはLightningコネクタとmicroUSBを選べるようになっており、iPhoneユーザーでもAndroidユーザーでも使用することが可能だ。MFI認証もとっていることから、iOSユーザーでも安心して使うことができる。容量の少なさは気になる所であるがタブレットやモバイルパソコンにも接続できる。

『CulCharge』現在クラウドファンディングのindiegogoで資金調達中。早期割引キャンペーン枠は2015年6月18日時点で残っており、iPhone用は29ドルから、Android用は22ドルからと価格も手ごろな設定となっている。納期は2015年の11月を予定しているとのこと。

カバンの中をキレイに整頓したいアナタには大きさ的にも用途的にも最適なガジェットではないだろうか。

 

【関連記事】

※ 100秒回してiPhoneが1時間分チャージできる「人力発電」スマホケース

たったの3秒でモバイル11台分!手のひらサイズの燃料電池が登場

※ ジャイロスコープ充電器は「人力」でチャージさせるスゴイヤツ

※ iPhoneを「倍速チャージ」できる充電器は裏技でもなんでもなかった?

※ 3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

【参照・画像】

※ CulCharge – Indiegogo

1ページ目から読む