ちょっとの工夫で風力発電技術に進歩!? 発電力を強化する「NewecoROTR」

風力発電設備の導入を加速させるか

さらに、『ecoROTR』の工夫はドームだけではない。風車を支えるタワーも、従来の鉄製の管ではなく、金属を格子状に組み立ててポリエステルでカバーするという方式に変えたのだ。

このことは、タワーを小さめの部品で運搬し易くし、現地で組み立てることを容易にするだろう。つまり、風力発電設備の設置を容易にできる。

また、従来の風力発電では、発電能力を高めるためにプロペラ部分を長くしてきた。そのことは環境負荷を大きくしてきたのだ。

『ecoROTR』の実験で最適なドームとプロペラの比率が解析され、より小型化できるようになれば、風力発電設備の導入ハードルがひくくなるかもしれない。

 

【関連記事】

※ 風車のない風力発電装置でエネルギーを生みだす巨大な輪

※ 次世代の「空に浮かぶ風力発電」革新が招く様々なメリットとは

※ 風車は必要なかった!? 風力発電システムの進化系

※ CO2排出量を2,800トンも抑えられる!? 建設予定の「木造高層ビル」…環境かそれとも安全か

※ なにこれフリーザの宇宙船?環境にやさしい水上に浮く家「WaterNest 100」

【参考・画像】

※ How Does a Wind Turbine Work? With GE’s New… – GE Reports

1ページ目から読む