シーシェパードが回収した「海のゴミ」をアディダスがスニーカーにした!?

海のゴミを再利用したスニーカー

海のゴミからスニーカーを作るプロジェクトは6月30日に発表されたもので、adidasと米環境保護団体Parley for the Oceansが2013年から計画を進めてきたプロジェクトだ。海に漂うプラスティック製のゴミや漁網を再利用してスニーカーを作るというプロジェクトだ。

できあがったスニーカーは、爽やかなデザインとなっている。

スニーカー上から

だが、その繊維や糸は、深海用の刺網を解いて再利用しているという。また、特徴的な爽やかなミントグリーンの縞模様は、なんとトロール漁船が捨てた網をほぼそのまま利用しているのだ。

しかもこの網を回収したのは、あの有名なエコテロリストとも呼ばれる非営利環境団体の『シー・シェパード』だった。

彼らは西アフリカ沖で110日間かけて密漁船を監視しながら大量の漁網を回収していたのだ。

回収した網

 

優れたデザインに込められたメッセージ性

そして海のゴミを再利用して作られたスニーカーは、美しい海をイメージさせるが故に、かえって海のゴミ問題を想起させる効果があるかもしれない。

つまり、このスニーカー自体が環境汚染へのメッセージ性を帯びているのだ。ただ、まだこのスニーカーはコンセプト段階であるため、商品としては販売されていない。

しかしアディダスは今後も環境保護活動に貢献したいとしているため、このスニーカーの商品化も進めているだろう。年内、あるいは来年にでも、このスニーカーについての続報があるかもしれない。

メッセージ性も高いが、デザインも洗練されているので、再び話題になることだろう。

 

【関連記事】

※ 日本初の移動式水素ステーション「ハイドロシャトル」開設

日本経済再興に組み込まれた「燃料電池車」普及戦略

※ 水素社会実現に向けて、日本の技術が集結

意外と知らない水素エネルギーの大事な話5つ

※ 車に興味がなくても知るべき!「水素で走る車」がどうしてスゴイのか

【参考・画像】

※ adidas NEWS STREAM : adidas and Parley for the oceans showcase sustainability innovation at un climate change event

※ adidas creates concept shoe manufactured from reclaimed ocean waste

1ページ目から読む