BMWが「5シリーズGT」の燃料電池車プロトタイプを初披露

245馬力の最新モーターを搭載

『5シリーズGT』新型プロトの動力部は、水素を燃料とした電気モーターだ。しかも、そのパワーはなんと245馬力を発揮! これは、最新の同社2リッター4気筒ターボチャージャー付きエンジンとほぼ同等のポテンシャルで、走りの余裕が魅力の5シリーズの名に恥じないものだ。

しかも、航続距離は、1回の水素充填で500km以上! 水素タンクは前後アクスルの間に搭載され、BMWが特許を持つ圧縮水素の貯蔵システムも採用している。

P90189157_lowRes

 

スーパーカーi8のFCVも存在

BMWでは、またPHV(プラグインハイブリット車)のスーパーカー『i8』をベースとした、燃料電池システム搭載モデルも発表した。低い車高とシャープなボディラインはそのままに、マットブラックカラーを身にまとったプロトタイプは、まさにスーパーカーそのもの。

水素を燃料とするこのモデルが、一体どんな実力を魅せるのか? こちらも今から楽しみだ。

P90189064_lowRes

燃料電池システムを共同開発しているトヨタは、すでに燃料電池車『MIRAI(ミライ)』を発売している。BMWが、もしこれらモデルを発売するとなると、初の市販FCVということになる。ゼロエミッション=エコで低燃費、しかも速い……『5シリーズGT』や『i8』のFCVは、ある意味最強のスポーツカーになるかもしれない。

 

【関連記事】

※ ブーム再燃か?軽オープンスポーツカー ホンダS660人気の理由

※ 新社会人のクルマ選びは、すでに次世代へ

※ BMWが「次世代の本命PHV」の増強でCO2排出量削減に挑む

次世代エコカーのFCVとPHV、結局選ぶべきはどっちなのか?

※ 埼玉県がFCV購入に100万円補助制度を開始

【参考・画像】

※ BMW Group Innovation Days 2015: Drive technologies of the future

1ページ目から読む