思いついたアイディアを記録してくれるウェアラブル「MYLE TAP」が優秀すぎる

MYLE TAPは振り分ける

しかも『MYLE TAP』は最大30秒までのメッセージを、2,000件まで記録することができるから、ほとんど呟く回数を気にせずに使えるだろう。

また、タッチするとき以外はハンズフリーなので、運転中や運動中、あるいはスケートボードに乗っている最中であっても、思い付いたら呟いて記録することができる。

いつでもツイートできる

 

サポート言語は40以上

音声認識の精度はかなり高いようだが、上手く認識されていなかった場合は音声自体を再生して確認することも可能だ。

ネイティブスピーカーによる音声認識テストは英語、スペイン語、フランス語、日本語、ロシア語、アラビア語、ヒンディー語、トルコ語、ポルトガル語で行ったところ、95%の認識率だったという。

しかも使うほどに語彙を学習し、精度が高まるという。サポートしている言語は40以上と紹介されている。ちなみに『MYLE TAP』には加速度センサーも搭載されているので、活動量計としても利用できるらしい。

思いついたアイディアを記録してくれるウェアラブル「MYLE TAP」が優秀すぎる

『MYLE TAP』を身に付けていれば、これまで浮かんでも消え去ってしまっていたアイディアが、どんどん蓄積されるようになり、より創造的な活動ができるようになるかもしれない。

 

【関連記事】

※ 衣服やハンカチをタッチスクリーンにする?Googleが布をインターフェースにする「Project Jacquard」

※ PCを徹底的に小型化したらマウスの中に入っちゃった!

※ これならいつも快適!? 外気にあわせて温度調整をしてくれる魔法の衣服が開発中

※ テキスタイル型のソフトなウェアラブルデバイスができる?東大が伸縮可能な導電性インクを開発

※ ドイツのケンタッキーフライドチキンで配布された「Tray Typer」が画期的

【参考・画像】

※ MYLE TAP: Wearable Thought Catcher | Indiegogo

※ MYLE: Your Wearable Backup Brain

1ページ目から読む