サイクリストを助ける?減速すると自動的にランプが点灯するヘルメット「Lumos」

そしてもう一つ、『Lumos』にはヘッドライトが付いているが、これは前方を照らすと言うよりは、自分の存在を発見されやすくするためのライトだ。

Lumosのヘッドライト

『Lumos』のブレーキランプも、通常は点滅してサイクリストの存在を後方から認識されやすいようにしている。

しかしブレーキをかけて減速すると、加速度センサーが反応してブレーキランプを点灯に変えて、後続車に停止することを知らせる。

Lumos仕様

 

より周囲から認識されやすいサイクリストになるヘルメット

『Lumos』にはヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプが搭載されているが、実にスマートにデザインされているので、ゴテゴテした感じは無い。

充電はMicro USBで行える。一度充電すると、約2.5時間連続稼働するが、街中を走行するには十分な持続時間だ。

Lumos充電

また、防水仕様なので突然の雨でも問題は無いというのが心強い。

『Lumos』のサイズはミディアム(54~59cm)とラージ(58~62cm)がある。重量は410gとバッテリーを積んでいる分なのか、通常のヘルメットよりも若干重めだ。

色はCharcoal BlacklとPearl Whiteの2色が用意されている。

自転車の安全は、何より周りから認識されやすいことであろうから、自転車側に手を加えなくてもヘルメットによって認識されやすくなる『Lumos』は、非常に手軽だが重要な役目を果たしてくれそうだ。

既に資金調達は成功しているので、製品化を待つばかりとなる。

 

【関連記事】

※ 気が散って集中できない?そんな時に脳トレができるメガネはいかが

※ 家電の脳波コントロールが現実味を帯びてきた

※ 気分の変化に対応するウェアラブルデバイス「Thync」

※ 日本も例外じゃない「子どもの貧困」学校で朝ご飯という選択

※ 脳波コントロールが普及すれば氷水をかぶらなくて済むのでは

【参考・画像】

※ Lumos – A Next Generation Bicycle Helmet by Lumos Helmet – Kickstarter

1ページ目から読む