映画みたいな映像撮影が出来ちゃう?iPhoneでの撮影をさらに楽しくするガジェット

 iPhoneをシネマカメラに変えるケース

『Lumenati CS1』は人間工学に基づいて設計された動画撮影ガジェットだ。

CS101『Lumenati CS1』にiPhone6を差し込むことによってカメラとして機能し、トリガーを引くことによって撮影が開始される。オプションにはなるが、デバイスの上部にはマイクやライトといったアクセサリを装着できるハンドルが用意されており、本格的な撮影も楽しむことができる。

CS103

レンズタイプは光学ガラスレンズで、広角からマクロ、テレフォトレンズが用意されており、好みのシーンに合わせて交換が可能だ。標準的な58mmレンズであれば互換性もあるとのこと。

CS102

専用アプリは、撮影時のフレーム変更やフォーカス変更、6種類のフィルタなどが用意されている。またカンタンな動画編集なども可能で、音楽の追加や再生開始時間を編集などもできるので、その場でYoutubeにシェアすることも可能となっている。

CS104

下記はスケートボーダーに協力してもらって撮影をした様子。スケートボードに乗りながらの撮影とは思えない安定感のある映像が魅力的だ。

『Lumenati CS1』は現在クラウドファンディングのKickstarterで資金調達中。199ドル(プラス日本への送料57ドル)で1つの『CS1』と広角レンズ、レンズクリーナーのセットを購入する権利が付与される。スポーツハンドルやリストストラップが付属するセットは2015年7月15日現在、売り切れ中である。納期は2016年2月を予定しているそうだ。

ちなみに10月に発売が噂されているiPhone6Sについてもサポート予定とのことだ。今後はAndroidなども対応予定とのこと。アプリに関しても改良中で、資金調達達成の暁にはアプリのブラッシュアップに努めたいそうだ。

iPhoneでの撮影をより高度に洗練させたい方はいかがだろうか。

1ページ目から読む