座っただけで元気度が分かる?シャープの「健康コックピット」

キャッチフレーズは、“座るだけで健康状態が測定できる”。つまり、体重や血圧、血管健康度などが、このシートに座っただけで測定できるという健康管理機器なのだ。

 

各種計測計やセンサーを搭載

測定には、まず着座してすぐに、タッチパネル式のモニターを使って性別や年齢、身長などの個人データを入力する。で、体の測定。シートには体重計や血圧計、脈拍センサーなどが装備してあり、座ったままで測定が行われる。個人データや測定データは、そのまま電子カルテに早変わり。個人の健康データベースになるだけでなく、クラウドサービスを介して医師やカウンセラーとの共有も可能。これらにより、診察や治療などが、よりスピーディかつ高い精度で行うことができる。

 

測定項目はカスタマイズもOK

また、測定項目は、血糖値や体温、ストレス度合いなど、使う場所のニーズに合わせた追加やカスタマイズも可能。病院だけでなく、フィットネスクラブや介護施設など、様々な施設でつかうことができるのだ。

かつて“亀山モデル”などの高画質テレビで有名だったシャープが、最近はあまりパッとしないのは確か。そこで、同社が新たに進出を図っているのが健康・予防医療分野だ。

『健康コックピット』も、そういった流れの中から出てきた商品のひとつ。商品化は、2015年末~2016年初になる模様だ。

 

【関連記事】

※ タオルを10秒で乾燥&除菌!? 未来風リングドライヤー「Pure Towel」

※ iPhoneからビームが出せる…!? スマホ搭載型レーザーポインター「iPin」

※ 水が超絶ジャンプ!レーザー加工でありえない撥水加工が実現

がん治療に現れた強力な新人「ゴールド・ナノチューブ」とは

※ ジャイロスコープ充電器は「人力」でチャージさせるスゴイヤツ

【参考・画像】

※ http://www.sharp.co.jp/corporate/news/141128-a.html

1ページ目から読む