自動ブレーキから自動運転までの技術進化

さまざまな方法がひしめく自動ブレーキ技術

自動ブレーキ技術自体は多くのメーカーが取り組んでおり珍しくないが、その技術内容はさまざまだ。

「赤外線レーザー方式」は指向性の強い赤外線レーザーを照射し、その反射を検知して障害物の有無を判断する。コストが安いのが魅力で、軽自動車、コンパクトカーで多く採用されるが照射距離が短く、高速走行時には向かないというデメリットもある。

「ミリ波レーダー方式」はミリ波を照射する方式。光に近い赤外線レーダーに比べて、ミリ波は電波となるため、その距離は長く高速走行にも対応可能だ。また霧や雨といった天候に左右されにくいのもメリットである。しかし電波を反射しにくい物体、例えば歩行者は苦手といったデメリットもある。

「カメラ方式」はカメラの映像から画像認識技術を使い、さまざまな情報を得るもの。画像解析技術のため、距離だけではなく物体の種類、レーンやブレーキランプなど様々な情報を解析することが可能だ。そのため応用範囲が広く、衝突防止自動ブレーキだけではなく、前車に追従していくクルーズコントロールや、レーンキープアシストといったものを付加物なしに同時に実現できる。

スバルのアイサイトは2つのカメラを使うステレオカメラ方式で、より人間の目に近い判別を可能としている。逆に夜道の中で黒いバイクといった、人間の目でも見えにくいものは、同じく苦手とする面もある。

 

複合技術による合わせ技

昨今はどのメーカーもひとつのセンサー、方式だけではなく、センサーにカメラを併用するといった合わせ技により、精度を上げるといったアプローチをしている。前述のようにセンサーにはそれぞれ得意不得意があるからで、それをお互いにカバーしようというものだ。

 

全車種への展開

ABS、エアバッグといった安全装備が標準装備になったように、自動ブレーキも今後全車種へ展開していくという動きが加速している。トヨタ、日産、スバルは全車種標準装備していくと発表している。

1ページ目から読む