食料の生産に流通・・・農業データサイエンスは日本農業の課題を解決できるか

植物工場を核とした事業

このファームシップという会社は、明治大学農学部で知り合ったふたりの創業者によって設立された。農家出身であるふたりは、現在の日本の農業の状況に危機感を感じ意気投合。大学卒業後は別々の道に進んだものの、その後共同で植物工場の事業を核とした農業サービス企業を創業したという。

このファームシップは、3つの事業を柱にしている。ひとつめは植物工場事業。植物工場事業に参入したいクライアントに対してコンサルティング等を行い、運営を支援し、人材を育成している。

Farmship02

2つめの事業は農業物流事業。消費者のニーズをとらえた商品開発、鮮度のいい商品を消費者にとどけるための物流構築サービス、さらに生産者から直接野菜を仕入れて販売先を開拓するサービスなどだ。

3つめの事業は農業データサイエンス事業。ビッグデータの解析等により、生産性を最大化させ、食料流通を最適化し、収益を最大化するとともに在庫ロスを最小化するサプライマネージメント等を行う。

つまりこのファームシップは最先端のテクノロジーによって、食料生産、食料流通に関する課題を解決していこうという企業なのだ。

 

新たな品種等の開発へ

そのファームシップが、みやこキャピタル株式会社、株式会社リパネス等から総額約1億円の資金調達を実施したというのが今回のニュースだ。

同社のウェブサイトによれば、

今回の資金調達により、当社研究開発拠点である富士Labに併設した完全閉鎖型植物工場において、新たな品種の栽培方法の開発、最適な栽培用資機材の開発、植物工場用センサーの開発や、環境監視・制御システムを含む運営管理システムの開発・機能強化に取り組み、『植物工場事業』と『農業データサイエンス事業』を強化してまいります。

また、『農産物流通事業』では、植物工場野菜の商品開発やマーケティング機能の強化を図り、物流網の拡充による植物工場野菜以外の農産物の取扱品目の拡大を進めていきます。

インドネシアでの『植物工場事業』と『農産物流通事業』をはじめとして、国外での事業展開も加速・強化してまいります。

という。

じっさいのところ、この企業の実力はわからない。しかし、手がけている事業はまさに現代の日本の農業が大きな課題としている部分だ。

筆者は東京郊外の元農村に住んでいるので見渡せばよくわかるが、近郊農業はもう青息吐息だといっていい。ほかの地域の状況はよくわからないが、程度のちがいこそあれ、日本の農業の未来は暗いだろう。

しかし、この植物工場を核とする食料生産・流通のイノベーションは、日本の農業を救う可能性があるのではないかと思う。じつは筆者も農学部に入り直そうかとちょっと思ったことがあるくらいなのだ。

今後、地球温暖化が進んだり、20年後にミニ氷河期が来たりするようになれば、食料問題はより深刻になるだろう。気候の影響を受けにくい植物工場を使った食料供給は重要度を増すかもしれない。

 

【関連記事】

※ これは農業革命かも!電源なしで土壌をモニタリングするセンサー

※ サステイナブルな農業に向けて「馬耕」を復活させよう

※ ロンドンの地下に実在する最新LED技術を駆使した野菜農園

※ NASAが2100年までの「地球の気候変動予測」データを公開

※ 地球温暖化は都市伝説だったのか・・・地球はもうすぐ寒冷化する?

【参考・画像】

※ ファームシップ

1ページ目から読む