そんなことできるの?ワイヤレスでモバイル端末を充電できるモニターをサムスンが開発

ワイヤレス充電機能だけでなく、健康にも配慮

サムスンが世界初だとして発表したワイヤレス充電機能付きのPC用液晶モニター『SE370』は、23.6インチと27インチで、1,920×1,080ピクセルのPLS液晶が採用されている。

モニターのスタンド部分に搭載されたワイヤレス充電パッドはQi準拠に対応したスマートフォンであれば、パッドの上に置くだけで充電が開始される。

充電が開始されるとLEDが点灯することで分かるようになっている。

『SE370』はワイヤレス充電ができるというだけでなく、モニターとしても高性能を謳っている。

例えばゲーム向け機能としては、ゲームモード時には暗い部分の表示が向上されるという。映像の遅延などのズレも抑えられており、AMDのFreeSync技術をサポートすることでゲームの滑らかな描画を実現した。

また、視野角度は178度を誇っている。

SE370

一方、ブルーライトを抑えるアイセーバーモードによりユーザーの健康への配慮も示された。ブルーライトは目の疲れだけで無く、睡眠障害も引き起こすと考えられているものだ。

さらに周りの明るさの環境に合わせて画質が自動調整される機能や、ちらつきから目を保護するフリッカーフリー機能でもユーザーの健康への配慮を示している。

Mac OS XとWindowsをサポートしており、Windows 10にも対応済みだ。

 

モニターの買い換えを検討している人は秋まで待つべきか?

ワイヤレス充電ができるといってもQi準拠でなければならないため、Qi準拠のスマートフォン以外ではこの機能を享受できない。

しかし、そういう場合でもQi規格搭載のスマートフォンケースを利用すれば良いだろう。

ところで『SE370』の発売予定は今年の秋以降とされているが、価格は未発表だ。

SE370上から

具体的な発売開始日が近付いたら、改めて発表があるだろう。ワイヤレス充電機能は魅力的なので、モニターの買い換えを検討していた人は、それまで待つのかもしれない。

 

【関連記事】

※ LG開発「曲がるディスプレイ」の未来感が2秒で分かる強烈動画

※ サムスン発表の「スマートバイク」はスマホ連動の次世代自転車

※ ポケットに入る!スマホケース型のヘッドマウントディスプレイが登場

※ 5分でフル充電!スマホ使いを救うバッテリーが登場か

※ サムスン発表の「スマートバイク」はスマホ連動の次世代自転車

【参考・画像】

※ Samsung Electronics Unveils World’s First Wireless Mobile Charging Monitor – Samsung Electronics Official Blog: Samsung Tomorrow | Samsung Electronics Official Blog

1ページ目から読む