日本の電車がジャカルタを駆ける!インドネシアに新幹線導入の可能性

日本の電車、第二の人生

6月29日、ジャカルタの貿易港タンジュン・プリオックでは幾人もの男たちが慌てるかのように駆け回っていた。

「お前ら、ボサッとするな! 電車が日本からやって来たぞ」

港で働く男たちは、遥か彼方の日本から輸入された列車205系の荷降ろし作業にかかった。この日ジャカルタに到着した列車は、計30両。日本で動いていた当時の塗装が、まだそのままという状態である。

都市電鉄を運営するKAIコミューター・ジャカルタ(KCJ)は、2019年までに1450両の車両導入を目指している。それを実現するには、日本からの中古車両の存在が絶対に欠かせない。現に今動いている車両も、その殆どがメイド・イン・ジャパンである。従って車内構造は、我々日本人にはお馴染みの光景だ。

実はインドネシアの鉄道は、線路幅も電圧も日本と共通しているのだ。特に大掛かりな改造の必要はない。一度線路の上に乗せてしまえば、充分に走ることができる。ジャカルタ鉄道駅

中古車両だから、年季は経ている。製造から30年を経過しているものもある。だが、鉄道運行に関する安全基準が厳しい日本の車両は「丈夫で故障も少ない」と現地では評判だ。

今やジャカルタ市民の生活を支えていると言っても、過言ではない。

 

中古車両が導入される理由

インドネシアは、世界有数の親日国と言われている。確かにこの中古車両輸入の話題にしろ、日本メーカーがシェアの9割以上を占めている自動車市場の話題にしろ、インドネシアはもはや日本の最重要ビジネスパートナーとなった感がある。だが、それらを単に「親日」という感情的な面だけで説明するには言葉が不足してしまう。我々の国の製品が選ばれるのには、もっと現実的かつドライな理由が存在するはずだ。

先方も「日本が好きだから」などという動機で、巨額の資金を投じることはない。

実はインドネシアには、インドゥストリ・クレタ・アピ社(INKA社)という鉄道車両製造メーカーがある。本来は、このINKA社が都市電鉄の建設の重要な部分を担うはずである。だが、現状それができない。なぜか?

INKA社の年間車両製造能力は、僅か40両ほどに過ぎないからだ。その程度のキャパシティーでは、ジャワ島内の長距離列車の車両製造で手一杯になってしまう。

もちろんインドネシア政府は、INKA社への投資を日本側企業に呼びかけている。だがいずれにせよ、ジャカルタ市内のインフラ整備は急ピッチで進めなくてはならないのだ。INKA社の工場の拡張を待っている暇はない。

日本側にとっても、旧国鉄時代の車両に商品価値を持たせることができるという点で非常に有益な話である。ここに需要と供給が合致したのだ。ビジネスとは、そうしたものである。

1ページ目から読む