空気から水を作り出す「Fontus」

サイクリング中の水分補給に?

国連の調べでは、現在40を超える国において合計20億人が水不足に直面していて、2030年には世界人口の47%が水不足のエリアに居住することになるという。

いっぽうで、空気中から水分を集めるという試みは、2000年以上前から行われてきた。Retezár氏はそれをふまえて、コンパクトで自己完結できる装置で空気中からボトルに水を集めることを目指して開発したという。

Fontus02

「Fontus」と名づけられたこのデバイスは、自転車用のアクセサリーであるところがユニークだ。長距離の自転車移動に便利なのである。高温多湿の地域であれば、1時間に0.5Lもの水を集めることが可能だ。

 

走れば走るほど水が集められる

この装置の仕組みを説明しよう。まず重要なのはペルシェ素子(Peltier Element)と呼ばれる小さなクーラーだ。このクーラーは2分割の構成になっている。電気を使って作動させると、クーラーの上側が冷えて、下側は熱くなる。熱くなった下側を冷やしてやれば、上側はより冷えるようになっている。

Fontus01

自転車を走らせたときに、クーラーの下側に走行風を導入して冷やしてやれば、クーラーの上側がさらに冷えるので、そこで空気中の水分を凝縮させて、水を得るというわけだ。なお電力はソーラーパネルを使用し、集められた水は500mlのペットボトルに貯まるようになっている。

じっさいのところ、内部が簡単に洗浄できるようにしておかないと、衛生的には不安があるが、空気中から水を得るというアイディアは面白い。じっさいには、サイクリング時に1時間に0.5Lという量では足りないような気もするが、この装置の用途は自転車に限るものでもないだろう。農業用、乗り物用など、いろいろなことに応用できるのではないだろうか。

 

【関連記事】

※ 時速25km出せる!「チェーンレス」の充電式電気自転車

※ 機能も値段もドを越えた電動アシスト自転車「Trefecta DRT」

※ iPhoneと連携するフォードの電動アシスト自転車「MoDe:Me」

※ お気に入りの自転車が電動アシストに早変わりするキット「add-e」

 これが新たな移動手段だ!スケボーをアシストする「ePaddle」

【参考・画像】

JAMES DYSON AWARD

1ページ目から読む