乗換案内もする「スマート」折りたたみ電動自転車

 48kmを電動アシスト

この自転車は、25W出力の電動モーターを内蔵し、ペダルを漕ぐのをアシストしてくれる。1回の充電でアシストする航続距離は、なんと約48km! 街中はもちろん、急な坂道でも楽に走ることができるのだ。ちなみに、電源はリチウムイオンバッテリーを搭載している。

qzg5eq95kdkdpapvwevg

しかも! 総重量はなんと12kgと超軽量。モーターはペダルの箇所に装備、バッテリーも非常にコンパクトだから、ボディは超スリムだ。ハンドルバーはワンアクションで下げられ、サドルなども簡単に低く出来る。専用のストレージバッグに入れてしまえば、電車やバスへの持ち込みも楽。車のトランクにもすっぽり収めることができる。
CMYK 4.0_4

 

 

スマホとの連携で道路状況や乗換情報もチェック

『CMYK4.0』がもうひとつすごいのは、スマートフォンとの連携で様々なリアルタイム情報を入手できること。
搭載されたマイクロコントローラーやセンサー類が様々な情報を入手。ブルートゥースを介してスマホへ情報を飛ばし、専用アプリで平均速度や移動距離、心拍数や消費カロリーなどを見ることができるのだ。

udiprv5jzyw8cr5vndwl

アプリには、マップ機能もあり道案内をしてくれるほか、最新の道路状況も表示。クラウドを使って、目的地付近のユーザーからの情報を共有したりもできる。なので例えば、行き先や途中の道で事故や渋滞などがあった場合は、このまま自転車で走った方がいいか、電車やバスなど近くの公共機関へ乗り換える方がいいかも判断。最適で楽な移動方法を知らせてくれる。

naoc1zfin4rmmcbbykay

スマホとの連携機能はまだある。盗難防止のための電子式ロックをスマホでオン/オフできるし、イモビライザーも付いているから、誰かが勝手に自転車を移動させようとするとスマホからアラームも。また、ハンドルバーにはスマホの充電器も装備しているから、出先でバッテリー切れの時も安心だ。

 

まさにスマートな自転車

スマホを使うことで使い勝手が格段に向上、しかも電動アシスト式。まさに“スマートな”この自転車は、現在クラウドファンディング・サイトの『Indiegogo』で販売キャンペーンを実施中。定価1600ドル(約198,000円)が、今なら68%オフの499ドル(約62,000円)で購入が可能だ。

カラーは、その名(CMYK)の通りブルー、レッド、イエロー、ブラックの4色が設定されている。

 

【関連記事】

※ お気に入りの自転車が電動アシストに早変わりするキット「add-e」

※ 自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

※ 次世代サイクルの新提案!足こぎセグウェイ「Halfbike II」

※ トヨタの人が打ち明けるプリウスPHVの「意外な落とし穴」Vol.3

※ ドローンのカメラ性能を5つ比較してみた

【参考・画像】

※ CMYK 4.0: Smart Folding Electric Bike – Indiegogo

1ページ目から読む