最高速度161km/hを誇る電動スポーツバイク「Impulse TT」

サスペンションやブレーキも本格的

動力性能もさることながら、走りを支える足まわりも本格的だ。サスペンションは、フロントがフォーク径φ43mmの剛性が高い倒立タイプを採用。リヤのシングルショックはフレーム直付け式で、スプリングの硬さが調整できるアジャスタブルタイプを採用。ブレーキは、前後にレースで実績があるブレンボ製を装備。フロントがダブル、リヤがシングルのディスク式を採用し、ストッピングパワーも万全だ。

上の動画を見てもらえば分かる通り、ストリートを俊敏に走れて、しかも電動バイクだから排ガスはゼロ。優れた動力性能とエコを両立しているのだ。世界中で今、オートバイの排ガス規制は年々厳しくなっている。今後、こういった電動モーターで走るモデルが、スポーツバイクの主流になる日も近いかもしれない。

Empulse TT03

カラーはチタンシルバー×レッドの1色を設定。価格は、アメリカでの販売価格は19,999ドル(約2,480,000円)で、本年度中にデリバリーが開始される予定だ。

 

【関連記事】

※ コスト減で環境にもよい「ナトリウムイオン電池」の電動自転車はメリットしかない?

※ 排気ガスを出さない?インホイールモーター搭載で最大トルク200Nの電動バイク

※ 全世界で49台限定!AKIRAを彷彿とさせる電動バイク「zeCOO」

※ ヤマハ「 E-Vino」登場で電動バイクマーケットは花ひらくのか

※ 機能も値段もドを越えた電動アシスト自転車「Trefecta DRT」

【参考・画像】

※ Empulse TT

※ Empulse TT – Victory Motorcycles

1ページ目から読む