レンズの先にナビが!多機能な「サイクリング用スマートグラス」登場

出典:Indiegogo

 

AR技術で様々な情報を映し出す

SENTH IN1_02

出典:Indiegogo

 

製作したのは中国・北京の開発チーム。『SENTH IN1』の機能は、まず、サイクリングの際の走行距離や時間、平均速度や最大速度、消費カロリーなどが実際の風景や道を見ている先に出てくる、というもの。

SENTH IN1_09

出典:Indiegogo

 

また、行き先を設定すると、実際の走っている道の上に走行ルートのナビゲーションが出てくる。ナビは、立ち寄り地を追加するなど、オリジナルでルートを設定することも可能だ。

SENTH IN1_06

出典:Indiegogo

 

さらに、操作中に対向車や歩行者がいる場合は、その対象を赤いターゲットで示し、警告も出してくれる。

こういったシステムは、AR技術を応用したものだ。現実の環境に、コンピュータで様々な情報を付加するのがAR(拡張現実)。スマホの写真アプリなどで有名なテクノロジーだが、『SENTH IN1』にはこの技術を採用。

サングラスに搭載した超小型カメラを通してCPUが様々な情報を処理し、レンズの先に装備した透過式ディスプレーを通して情報を映像化する……といった感じだ。で、サングラスをかけた人には、それが実際の風景や道の上に情報が見えるようになる、といった仕組みだ。

SENTH IN1_10

出典:Indiegogo

 

音楽や写真、動画撮影もOK

『SENTH IN1』には、他にも音楽を聴いたり、電話で友達と通話、ビューポイントの写真を撮影してSNSにアップできるなど、様々な機能が付いている。

SENTH IN1_07

出典:Indiegogo

 

操作は、全てハンドルにセットしたコントローラーを親指を使って動かすだけ。セレクト画面もレンズに出て、選択をするといろいろな機能が使えるから、ハンドルを離さずに全ての操作が可能だ。

SENTH IN1_12

出典:Indiegogo

前述の『INDIGOGO』では、かなり好評のようで着実に支援金が集まっている。商品化が実現すれば、かなりサイバーなサイクリングが楽しめそうなアイテムだけに、行く末が気になるモノのひとつだ。

 

【参考・画像】

※ SENTH IN1: The first true AR cycling glasses – INDIGOGO

 

【関連記事】

自転車からチェーンを撤廃したらメリットしかなかった

最高速度161km/hを誇る電動スポーツバイク「Impulse TT」

バンジーコード搭載!海やプールでも大活躍する防水スピーカー「UEROLL」

乗換案内もする「スマート」折りたたみ電動自転車

地球温暖化で海に沈む都市か判明!? 日本ではどこが・・・

1ページ目から読む