どんな天候もOK!路面状況に合せて3次元的に変化するタイヤ

トレッドパターンが天候に合せて変化

同社はこのアイデアを「A’DESIGN AWARD & COMPETITION」に出展、近未来デザイン部門でトップとなるプラチナ賞を獲得した。

まだコンセプト段階ではあるものの、そのアイデアが興味深い。

タイヤと言えば一般的に普段はサマータイヤ、雪道ならスノータイヤと、季節の節目で履き替え作業を伴うが、そうした面倒な作業が不要になる。

豪雪地域は勿論、時おり雪が降るような地域のドライバーにとっては将来、朗報となるかもしれない。

KUMHO_Tire_Maxplo

Maxplo Concept Tyre Wins A’ Design Award – Kumho Tyre UK

 

そのアイデアとは全ての気象条件に対して最適なグリップを得るべく、トレッドパターンを3次元的に変化させるというもの。

KUMHO_Tire_Maxplo

Maxplo Concept Tyre Wins A’ Design Award – Kumho Tyre UK

 

ウエット路ではタイヤと路面間の水を積極的に排水、また凍結路ではエアレスタイヤに内蔵されたスパイクを露出させることで安全に走行できるとしている。

 

実現すればタイヤ革命に

同社では以前よりトレッド面が変化するエアレスタイヤの発想を暖めていたようで、下の動画からもその片鱗が窺える。

勿論、具現化するには多くの課題が付き纏うが、利便性を著しく高めるアイデアに於いては実現するための技術が後から付いて来る可能性もある。

エアレスタイヤのメリットを追求したアイデアだが、実現すればタイヤに革命をもたらすに違いない。

 

【参考・画像】

KUMHO TYRE

A’DESIGN AWARD & COMPETITION

※ 금호타이어 컨셉타이어 영상 – YouTube 

※ Iakov Kalinin / PIXTA(ピクスタ)

 

【関連記事】

次世代の都市用スマートモビリティとなるか?「OMNI-CAR」の発想がおもしろい

フィアットクライスラーの圧縮空気ハイブリッドシステム車「SRT トマホーク」

スマホでシミュレーション!車にタトゥーを実現したアイテム

3Dプリントで作ったクルマが発売!? EVでしかも時速80km出るらしい

陸・空で変幻自在の「空飛ぶタクシー」が実現する

1ページ目から読む