今年の冬の必需品!? ムレずに「心地よい暖かさ」の吸湿発熱繊維が開発される

羽毛よりも高い吸湿性と暖かさ

例えば、ダウン羽毛にポリエステルを20%混合したものに対し、ダウン羽毛に『モイスケア』を20%混合したものは、約2倍もの吸湿性を示した。

これは利用者の感覚としても、蒸れ感がなくなったと実感できるのではないだろうか。

また、『モイスケア』はダウン羽毛より少ない体積でも同等の保湿性があるため、例えば衣服に使用した場合は、着ぶくれが抑えられてすっきりとしたシルエットになる。

モイスケアを混合した羽毛

ムレからの開放! 心地よい暖かさ ~羽毛と混合できる吸湿発熱繊維の開発~ | ニュースリリース|TOYOBO

さらに『モイスケア』には不感蒸泄(じょうせつ)と呼ばれる性質がある。これは、人が常に放出している水蒸気を吸収して熱に変える性質だ。この性質があるために、ダウン羽毛だけよりも、『モイスケア』を混合した場合の方が、暖かさを感じられる。

つまり、羽毛に『モイスケア』を混合することで、蒸れ感が減少し、着ぶくれが抑えられ、暖かさが増すといった利点があるのだ。

 

既に製品化された『ハイブリッド羽毛』

そこで既にフランスベッドでは、『モイスケア』を混合した中綿素材である『ハイブリッド羽毛』を東洋紡と共同開発し、『AS90 HY アニバーサリー65』という製品として、2014年の冬から発売している。

ハイブリッド羽毛ふとん

ムレからの開放! 心地よい暖かさ ~羽毛と混合できる吸湿発熱繊維の開発~ | ニュースリリース|TOYOBO

 

『ハイブリッド羽毛』には『モイスケア』の特性である高い吸湿性が備わっているため蒸れにくい掛け布団となっている。

また、『モイスケア』の混合率を20%にすることで、天然羽毛の心地よさも活かされたままだという。

『ハイブリッド羽毛』ふとんは合掛けふとんと肌掛けふとんの2枚1セットで販売されているので、オールシーズン使えるようになっている。

タオルケットでさえいつの間にか蹴り飛ばして寝ているような、暑苦しい夜を過ごしている時期には考えにくいが、羽毛布団やダウン羽毛を中綿に使った寝具や防寒着を検討する際には、『モイスケア』混合かどうかを気にしてみると良いかもしれない。

 

【参考・画像】

※ ムレからの開放! 心地よい暖かさ ~羽毛と混合できる吸湿発熱繊維の開発~ | ニュースリリース|TOYOBO

※ インフォメーション – フランスベッド ベッド・インテリア

 

【関連記事】

※ シーシェパードが回収した「海のゴミ」をアディダスがスニーカーにした!?

※ これはクセになりそう!セグウェイより機動性が良さそうな「電動一輪車」

※ バネみたいに3倍伸びる「圧力センサー」?衣服のIT化も近い 

※ 革命を起こした松葉杖「スマートクラッチ」が日本製として復活か

※ 失敗作や使い終わった作品は「堆肥になる」3Dプリンターのフィラメント

1ページ目から読む