SNS管理ツール「Hootsuite」で「Instagram」の予約投稿も可能に!気になる実用性は?

結論……かなり使えない。

『Twitter』と『Facebook』に関しては、『Hootsuite』で予約投稿を設定すると設定した時刻に自動的に投稿される。ところが『Instagram』に関しては、スマートフォンにプッシュ通知が来るだけだ。そして実際に投稿するためには、そのプッシュ通知から『Hootsuite』のアプリを開いて、さらに『Instagramを開く』をタップしないといけない。結局『Instagram』のアプリを開いて、そこから投稿しなければいけないのだ。

Hootsuite03

How to Schedule and Publish Posts to Instagram via Hootsuite – Hootsuite

 

しかも、予約投稿の設定段階で書き込んでいたキャプションは、『Instagram』のアプリを開いても自動的には引き継がれない。一応『コピー』はされているものの、手動で『ペースト』しないといけない。確かに、『Hootsuite』の説明でも「通知が来たら、あとは数回タップするだけで投稿できます」と書いてあったので、ちょっと予想はしていたのだが、これは予約投稿機能と呼ぶには弱すぎる。ほとんど、ただの“リマインダー”機能だ。

Hootsuite04

How to Schedule and Publish Posts to Instagram via Hootsuite – Hootsuite

 

というわけで、現時点で『Hootsuite』を使った『Instagram』の予約投稿は、かなり連動性のレベルが低く実用性に欠ける。

とはいえ、『Hootsuite』そのものをご存じなかった読者の方もいるのではないだろうか? 現時点でも『Twitter』と『Facebook』の自動予約投稿はできるし、いずれは『Instagram』との連動性も改善するかもしれない。興味がある方は『Hootsuite』を試してみるのもいいだろう。

例えば、「平日の真っ昼間に投稿しても、あまり人が見てくれないだろうから、夜に投稿したい」というようなとき、「まだ原稿が終わっていないのに、遊びに行っているのがバレると顰蹙だから、時間をズラして投稿したい」というような場合など、予約投稿が便利なことも多いのではないだろうか。

あるいは、怒りにまかせて書いてしまったツイートの投稿をほんの15分遅らせるように設定するだけで、気持ちが落ち着いて「やっぱりやめよう」と思うかもしれない。

予約投稿機能はなかなか便利そうだ。これで『Instagram』との連動性がもうちょっと高まって、ついでに『LINE』や『iMessage』なども管理できるようになればいいのに!

 

【参考・画像】

※ How to Schedule and Publish Posts to Instagram via Hootsuite – Hootsuite

【関連記事】

※ Facebookが著名人向けの機能として「動画のライブ配信」機能を公開

※ 仕事への集中力アップ!? つい仕事中にネットサーフィンしちゃうヒトのためのデバイス

※ 復活率90%?水没からスマホを蘇らせる話題の液体が日本発売

※ セルフィーからドロフィーへ?小型ドローン「ELF」による自撮りが捗りそう

※ 仮想現実デバイスで視覚障害者が見る世界を再現

 

1ページ目から読む