高級EVのテスラが開発した「ヘビ型自動充電スタンド」がスゴイ

クルマから降りなくても自動で充電してくれる

この充電スタンドは金属製の多関節式充電ロボットで、紹介動画ではテスラ『モデルS』の給油口を自動で検出、充電作業をこなす。

この充電器に付けられた名前はズバリ『Snakebot Autocharger』。

同社のイーロン・マスクCEOが、昨年末に自身のツイッターで新種の充電器を開発していることをほのめかしていたが、いよいよ具現化したようだ。

蛇のような不気味な動きをすることから、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演のSF映画『宇宙戦争』に登場するロボットの触手をつい連想してしまう。

 

ワイヤレス充電方式より有利?

日本では、車両側のコストアップが懸念されるワイヤレス式充電器の開発に余念が無いが、テスラの場合は充電器がコスト高となるものの、汎用性の高さや車両直結充電による、充電時間の短縮が期待できる。

テスラが今回開発した『Snakebot Autocharger』は、面倒な充電ノズルの着脱操作を不要にする新種の自動充電ロボットとして、世界から注目を集めそうだ。

 

【参考・画像】

※ Charger prototype finding its way to Model S – YouTube

【関連記事】

※ 充電環境が充実する中、白馬村でEVラリー開催!

※  世界で16億kmの走行実績!テスラ「モデルS デュアル」登場でさらに躍進か

※ バッテリーを再利用!? 日産が新たなエネルギー貯蔵システムを採用

※ テスラが「バレーサービス」を開始!わずか20分の超高速充電を体験できる

※ 究極のワイヤレス!「ながら充電」が電気自動車の電欠を解消する

1ページ目から読む