NASAが撮影した「月の裏側」の貴重映像で実感する地球の鮮やかさ

太陽と地球の間から撮影された映像

NASAが公開した動画『EPIC View of Moon Transiting the Earth』は、地球から約150万キロ離れた太陽と地球の間にある、ラグランジュ第1点を周回している人工衛星『DSCOVR』が撮影した複数の写真を、アニメーション化したものだ。

米海洋大気庁(NOAA)の人工衛星である『DSCOVR』は、7月16日に地球の手前を横切る月を裏側から撮影した。

地球があまりに色鮮やかに写っているため、まるで月だけモノクロ撮影した映像を合成したかのように地味に写っているが、そこは合成ではない。

撮影はNASAが開発したEPIC(Earth Polychromatic Imaging Camera)というカメラによる。

EPICは紫外線から近赤外線までの10種類の波長で撮影できるカメラで、今回は30秒ごとに赤・緑・青の画像を撮影したデータを、合成することでカラーを再現している。

ところが被写体である月が動いているため、3色の画像を撮影する時間差で位置が移動してしまっている。そのために合成した際にズレが生じ、その結果、月の右側に不自然な輪郭のようなあるいは影のような部分が生じているのだ。

 

月の地味さが強調する地球の鮮やかさ

『DSCOVR』の本来の任務は、太陽風が地球の電力網や通信機器に与える影響を調べる為に、太陽フレアによって放出される磁気嵐の観測を行うことにある。

ただ、年に2回ほど、今回の様に月が地球の手前を横切るタイミングがあるため撮影したという。

『DSCOVR』は現在、まだ観測機器の試験などを進めている段階で、正式な運用開始はもうすぐとなっており、ミッション遂行期間は5年を予定している。

それにしても、映像を見ていると不思議な気分になる。

地味な月の向こう側に鮮やかに映っている青い星の表面で、私たちは実に多彩な生物と一緒に生きているのだなぁ、と……。

 

【参考・画像】

※ From a Million Miles: The Moon Crossing the Face of Earth- NASA

※ EPIC View of Moon Transiting the Earth – YouTube

【関連記事】

 この世の95%が「ダークマター」と「ダークエネルギー」?宇宙の謎が分かるムービー

 ブラックホールの謎にも迫る!? NASAが宇宙で最も明るい銀河を発見

 未来の旅行はこうなる?水中ホテルに宇宙飛行は実現するか

 NASA宇宙飛行士が「GoPro」で撮影!リアル宇宙感が生々しい

 なにこれフリーザの宇宙船?環境にやさしい水上に浮く家「WaterNest 100」

1ページ目から読む