「3Dプリンター製の殻」で暮らすオシャレな次世代ヤドカリ

旧フランス大使館の敷地からイメージを飛躍

世界各地の都市を模した“やど”を背負ったヤドカリの姿が印象的な作品の数々は、2009年に開催された在日フランス大使館の解体イベントの展覧会への出展を期に制作をスタートした。09年10月まで『フランス』だった旧フランス大使館の敷地が、以後50年間『日本』になり、その後再び『フランス』になるという話に衝撃を受け、“やど”を交換する習性を持つヤドカリへとイメージを発展させたそうだ。

「3Dプリンター製の殻」で暮らすオシャレな次世代ヤドカリ

AKI INOMATA – AKI INOMATA Official Site- (C)AKI INOMATA

 

はじめ中を丸くくり抜いただけの球をヤドカリに渡したところ、ヤドカリからは見向きされず。そこで、INOMATAは彼らがすみかにする自然の貝殻の内部構造をCTスキャンで計測。3DCGで制作したデータを3Dプリンターで出力することで、ヤドカリに選ばれる“やど”を制作に成功した。初めて自分の作った「やど」に移ったヤドカリを発見した時は、「嬉しいような悲しいような複雑な気持ちになった」と振り返っている。

「3Dプリンター製の殻」で暮らすオシャレな次世代ヤドカリ

AKI INOMATA – AKI INOMATA Official Site- (C)AKI INOMATA

1ページ目から読む