「3Dプリンター製の殻」で暮らすオシャレな次世代ヤドカリ

生き物との協働作業によって成立する作品

作品シリーズについては、同じ土地で平和に国が入れ変わっている事実と、背負う“やど”によって見た目が変わるヤドカリに共通項を感じたとも語っている彼女。私たちを取り巻く日常とは異なったレベルから“人間世界”を見渡す、このようなオリジナルな視座はどこからもたらされているのだろうか。

東京で不自由なく生まれ育つ一方で、自分の存在の不確かさな感覚を持ち続けてきたというINOMATA。ステートメントでは、自らの問題意識について「この劇場化した都市を破り、<私たち>と、<私たち>の外の世界とを混ぜ合わせることで、不確かな存在となった自己を再発見し、欠落したリアリティーを取り戻すことが出来るのではないだろうか」とつづっている。

そして自らの作品が持つ力を次のように謳い上げている。

私の作品は、生き物との協働作業によって、成立している。人間以外の生き物のふるまいと、人間の世界を重ねあわせることで、私たちを異なった角度から捉え直し、私たち自身の姿を再発見しようとしているのだ。(中略)この試みは、閉塞した私たちの世界に風穴をあけ、大都市を徘徊する虚ろな現代人にとっての新たなリアリティーの創出につながると、私は信じている。

「3Dプリンター製の殻」で暮らすオシャレな次世代ヤドカリ

AKI INOMATA – AKI INOMATA Official Site- (C)AKI INOMATA

 

現在、東京・お台場で開催中の『お台場夢大陸』の仮設水族館では、『やどかりに「やど」をわたしてみる』シリーズのヤドカリを生体展示中している。興味のある方はぜひ体験してみてほしい。

 

【参考・画像】

※ AKI INOMATA – AKI INOMATA Official Site

※ (C)AKI INOMATA

※ source:imacoconut / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

※ 世界初!3Dプリンターで作った700psスーパーカー「BLADE」

※ 3Dプリンターがこの値段!? 価格破壊を起こす「TIKO」登場

※ 真っ赤な液体から「モノが生まれる」超高速3Dプリンターがキモすごい

※ 世界初のポータブル3Dプリンター「Freaks3D」

※ 円筒形のおしゃれな家庭用3Dプリンター「NEA」が大人気

1ページ目から読む