ながらスマホは首に悪い!「スマホ首」を未然に防ぐ頼もしいミカタ登場

「スマホ首」を防ぐネックサポーター

電車内の9割がスマホを見ている現代 PC・スマホの日常使いによる首姿勢の悪化がすべての不調を生む! - PR TIMES

source:『なるほど!つけるだけで?首らく美姿勢「スマホ首サポーター」美ネック』- 主婦の友社

 

その名も『美ネック』。これは、“スマホ首”を防ぐサポーターだ。

“スマホ首”とは、スマホやPCの画面をうつむき姿勢で長時間見続けることで、首にある頸椎の姿勢が悪化して起こる症状のこと。

頸椎(背骨から首の骨まで)は、重さ約5kgと言われる人間の頭部を支える重要な箇所。本来はS字状となり頭部を支えているのだか、長時間のうつむき姿勢により真っ直ぐになってしまう。

別名“ストレートネック”と呼ばれるこの症状は、首回りにかなり大きな負担がかかり、肩や首のこりなど体調不良の原因になってしまう。

電車内の9割がスマホを見ている現代 PC・スマホの日常使いによる首姿勢の悪化がすべての不調を生む! - PR TIMES02

source:『なるほど!つけるだけで?首らく美姿勢「スマホ首サポーター」美ネック』- 主婦の友社

 

そこで『美ネック』の登場。

人間の首やアゴの角度を、徹底的に調査し開発された。前後左右の縦ラインが頭を支える“胸鎖乳突筋”をがっちりサポートしてくれる。

首の前傾姿勢をブロックし、美しい姿勢に導いてくれるのだ。

 

ウレタン製でつけ心地が軽やか

素材は、クッション性があるウレタンで、つけ心地は軽やか。重さ55gととても軽く、ぴったりフィットする立体構造を採用。エアーメッシュで通気性も抜群だ。

電車内の9割がスマホを見ている現代 PC・スマホの日常使いによる首姿勢の悪化がすべての不調を生む! - PR TIMES04

source:『なるほど!つけるだけで?首らく美姿勢「スマホ首サポーター」美ネック』- 主婦の友社

 

価格は1,800円+税。発売元は、女性向け雑誌などで有名な主婦の友社。各書店などで買えるムック本として販売される。

また、世界に誇るミス・ユニバース日本代表を指導してきた実績を持つ、ボディクリエイターの今村 大祐氏が監修を手掛けている。

 

ちなみに、肩や首のこりの際には、首の後ろ側を揉むことが多いと思う。しかし、これは無意味だとか。

首の前に位置し、頭部を支える前述の“胸鎖乳突筋”をほぐす方がよっぽど効果的。

が、その前に『美ネック』のようなアイテムを使用して、“スマホ首”を未然にプロテクトしよう。なにごとも、治療より予防が大切なのだから。

 

【画像・参考】

※ 電車内の9割がスマホを見ている現代 PC・スマホの日常使いによる首姿勢の悪化がすべての不調を生む! – 主婦の友社

【関連記事】

※ 座りっぱなしワーカーを救済する「バランス健康器具」が無駄にカッコいい

※ 目を覆わない目元リフレッシュバンド「エクリア アイフレッシュ」

※ 座っただけで元気度が分かる?シャープの「健康コックピット」

※ Bluetoothでtoothの悩みを解決!? 歯ぎしりや口内のデータを検出するマウスピース

※ 忙しすぎる人に!完全栄養食を目指す「Soylent」は開けて飲むだけでいい

1ページ目から読む