ついに2万円を切る!Wi-Fiカメラ搭載ドローンが登場

X800 FPVの特徴

まず大きく目を引くのが6つのローターをもつヘキサコプターという点だ。低価格帯のマルチコプターの多くは4つ、クワッドコプターが主流であるが、墜落事故が多発していることからも分かる通り、構造上1つのローター、モーターが止まってしまうと不安定となり即墜落していまう。

その点6つのヘキサコプターの場合、1つのローター、モーターが停止したとしても安定性を保つことが理論上可能な他、より安定した飛行が可能だ。

source:https://www.atpress.ne.jp

 

搭載されるカメラの映像は 、WiFiでスマホアプリに転送される。そのためスマホ画面を見ながらのFPVが可能だ。写真、動画の撮影も可能と、楽しみは大きく広がる。複数台でドローンレースを楽しむのもまた一興だ。

その他ホビー機として基本となる360度フリップ、人や物を守る安心のローターガードが装備されており、屋内でも楽しむことができる。

姉妹機としてクワッドコプターとなる 『X300C FPV』もラインナップされる。こちらも4枚ローターであるが、FPV機能は備わる。

最近はなかなか飛ばす場所を見つけるのが難しいが、迷惑とならない場所で空撮やFPV、ドローンレースを楽しむのもよいだろう。

それほどお手軽、お手頃な値段となってきている。

 

【参考・画像】

※ Wi-Fiカメラ搭載ドローン『X800/X300C FPV』9月1日新発売! ~スマホのアプリで空撮映像をLIVE中継!動画も写真も撮影可能!~|株式会社ジーフォース – @Press

※ mcy31 / PIXTA(ピクスタ)

【動画】

※ G FORCE X800 FPV DRONE – YouTube

【関連記事】

※ 見た目はおもちゃ!? でも能力は特殊部隊並みの小型スパイドローン「Bug Drone」

※ ドローンを超える!? 実物大の「リアルハチ型ロボット」誕生か

※ GoProを超えた!? ドローンにも積載できる「超高感度域での撮影が可能」な4Kカメラ

※ DJIから開発用ドローン「DJI MATRICE 100」が発売

※ 放り投げると自律飛行するドローン「Lily」

1ページ目から読む