リアルタイムで感動をシェア!世界遺産「白川郷」が無線LANサービス導入

無料公衆無線LANサービスの導入

観光立国を目指す日本の啓蒙活動により、世界遺産を目指して来訪する外国人観光客が増加、今年ついに国外に出る日本人の数よりも、外国から訪れる外国人観光客の数が上回ったほどだ。

そして、いまや観光にスマホは欠かせない存在だ。これまでガイドブック片手に名所案内、地図を確認していたが、それがスマホにとってかわった。

そのスマホの最大の問題は、通信手段である。国内キャリアとの契約をしないと4G回線が使えず、値段が高い、割高といった場合、フリーWiFiに頼らざるを得ない。

そんな中、世界遺産である『白川郷』では、年間150万人が訪れ、その6割が外国人観光客だという。

そのため、世界遺産である合掌造り集落を含め、近隣の観光・温泉エリアで、無料公衆無線LANサービス『SHIRAKAWA-Go Free Wi-Fi』を導入し、外国人を含めた観光客に対して、広くインターネット接続サービスの提供を開始。

これにより観光客は安心してスマホを使って情報収集、快適に観光ができるだけではなく、InstagramなどのSNSで風景と感動を即時にシェアすることだろう。

 

クラウドソーシングを使ってロゴデザイン

shirakawa-go wifi

source:http://prtimes.jp/

 

このフリーWiFiの周知には、クラウドソーシング『クラウドワークス』でロゴデザインを募集、そして採用。ここでもインターネットを活用しているかたちだ。今回採用された作品は、『白川郷』の代名詞ともいえる『合掌造り』に、Wi-Fiのピクトグラムを加えたキャッチーなデザインとなっている。

スマホ、SNSが普及した現代において、SNSを中心にしたクチコミは大きなPR活動となる。無料公衆無線LANサービスの導入は、そのクチコミを活性化させてくれることだろう。

ぜひリアルタイムで『白川郷』の、そして日本の素晴らしさを世界に発信してほしい。

 

【参考・画像】

※ 世界遺産「白川郷」がクラウドワークスを活用 無料公衆無線LANサービス「SHIRAKAWA-Go Free Wi-Fi」の採用作品が決定 – PR TIMES

※ Kanuman / Shutterstock

【関連記事】

※ 一度は旅行で行ってみたい!? 独自の文化を発信し続ける「ジョグジャカルタ」

※ 自動で街のゴミ回収も!Wi-Fiを活用したポルトの都市計画

※ EV・PHVの航続距離を2倍にするリチウムイオン電池

※ 通信は新時代へ・・・キャリア通信ではなくWi-Fiを使った「近接通信」の可能性

※ Wi-Fiのように電力を飛ばせるワイヤレスチャージャー「WattUp」

1ページ目から読む