吸い殻を「投票用紙」に!? ミラノで画期的なタバコポイ捨て撲滅作戦

タバコを投票用紙にする画期的なアイデア

『Vote your Milan』とは、タバコの吸い殻を“投票用紙”代わりにした、二者択一の投票システムだ。

例えば、サッカーのクラブチームで本拠地を同じミラノとしている、日本代表長友佑都の在籍するインテルか、同じく日本代表の本田圭佑が10番を背負うACミランの、どちらが好きかなどを、タバコの吸い殻で投票することができる。

投票口にはセンサーが設けられており、細かくカウントすることも可能だ。一目でどちらが優勢かを可視化する様子も興味深い。

また、都市には何カ所か『Vote your Milan』のシステムがあり、スマホ上で他の場所のデータを閲覧することもできる仕組みとなっている。

実証実験の動画を見てみると、この投票システムを面白く感じた人もいるようで、わざわざ道ばたのタバコを拾って投票する様子なども描かれている。道をクリーンにするという面では、成功とも言えるだろう。

 

「Vote your Milan」の課題

しかし、本来あるべき“タバコをポイ捨てしない”という面は、解決できていないようにも思われる。火が消えきっていないタバコをいれると火事や煙の問題も出てくるだろうし、まだまだ改善の必要はあるように感じられる。

ただ、こういったプロジェクトが活発になってくると、違うアプローチでクリーンな都市を生み出すための仕組みを考える人も多くなってくるだろう。

今後のミラノの都市計画は注目していきたいところである。

 

【参考・動画】

Vote your Milan – Vimeo

【画像】

※ simone mescolini / Shutterstock

【関連記事】

墺国の小都市に学ぶ、木質バイオマス・ガス化事業が創る未来

自動で街のゴミ回収も!Wi-Fiを活用したポルトの都市計画

デンマークでは大臣も「自転車通勤」次世代の都市スタイルを学ぶ

積水化学と豊田市がタッグ「下水熱から再生可能エネルギー」を生み出す

白紙になったインドネシア高速鉄道計画 …問題視される「ジャワ島偏重」

1ページ目から読む