ガジェット好きなら見逃せない!「360°全天球撮影の4Kカメラ」がスゴい

HMDで見るバーチャルリアリティにも最適

この『Sphericam2』は、6つのカメラを搭載し、4Kのシームレスな全天球映像を、簡単にアウトプットしてくれる。本体はアルミ削り出しで作られ、たテニスボールなみのコンパクトなサイズだ。そのため、複数のカメラ間の視差も小さい。

6つのカメラを統合し、こまめに露出やホワイトバランスを調整する。撮影後は自動的にリアルタイムで映像をつないでくれる。ライブストリーミングも可能だ。最大で60FPSの撮影が可能。

また、画像サイズは最大4,096×2,048で、現在ポピュラーなVRヘッドマウントディスプレイにも最適だという。

この『Sphericam2』、定価は2,499ドルになるようだが、現在はまだ先行予約が可能で、1,999ドルで購入できる。

すでにYouTubeには360度動画がいくつもアップされているが、この『Sphericam2』ほど簡単に、高画質の360度動画が撮れるデバイスがあらわれると、この映像手法はいっそう普及することが予想される。

そうなると、またこの技法を使ってのユニークな表現方法が、数多く出現するのではないだろうか。

【参考・画像】

※ Sphericam

※ kurhan / Shutterstock

【動画】

※ Sphericam Public Sample 002a - YouTube

※ Ketelbrug (Sphericam Public Sample 003 (interactive) - YouTube

【関連記事】

※ 第2の「GoPro」確定!? お手軽小型アクションカメラ「ISAW AIR」

※ GoProを超えた!? ドローンにも積載できる「超高感度域での撮影が可能」な4Kカメラ

※ カメラの最小・最軽量記録を更新!?「GoPro HERO4 Session」が登場

※ ドラレコが捉えた!交差点を渡るおばあちゃんを見守る優しい猫と運転手

※ 気になる次世代環境車「PHV」各社の違いまとめ

1ページ目から読む