まるでターミネーターのT-1000!? 「瞬間的に自己修復する」素材をNASAが開発

自己修復可能なポリマー素材

そんな宇宙空間での危険に対し、NASAが長年の研究の成果で作りだしたのが、“自己修復可能なポリマー素材”である。こちらの話題動画『‘Terminator’-style material heals itself – YouTube』を、ご覧いただきたい。

素材は、液体を2つの硬いポリマーでサンドイッチした構造で、弾丸で撃ち抜くと内部の液体が外に漏れだしてくる。その後すぐに固まり、穴がふさがるという仕組みだ。『T-1000』の液体金属ほど柔軟性はないが、それでも弾丸をいくら撃ちこんでも問題ない。

この素材であれば、宇宙空間を物凄い速度でぶつかってくるデブリで穴があいて空気が漏れる、ということもなくなるという狙いだろう。

似たような構造で、自動車の前面ガラスがある。『合わせガラス』といって2枚のガラスがフィルムをサンドイッチした構造で、ガラスが割れても飛散しない。しかし飛び石により表面ガラスが割れて、数センチの傷から、場合によってはヒビが数十センチに及ぶこともある。

数センチの傷は、ポリマー素材を流し込むウィンドウリペアで修理するのだが、このポリマー素材があればもしかしたら自動修復する未来が来るかもしれない。

もっとも、警察官の制服を身にまとった『T-1000』の襲来だけは御免だが……。

 

【参考・動画】

※ ‘Terminator’-style material heals itself – YouTube

【画像】

※ Ventin / Shutterstock

【関連記事】

※ 世界初登場!液体金属ディスプレイの腕時計

※ 将来的には顧客対応AIも出現?クレーマーからのデータを集め「怒るAI」開発

※ 【2020年以降の未来予想】10年後の自動車はどうなっているのか

※ ロボットと恋愛する日も近い!? SF映画からみる「A.I.(人工知能)」の進化

※ 水に浮かぶ軽量金属を米研究チームが開発

1ページ目から読む